NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ199件目 / 全560件次へ »

今日の相場 -7/14-

E011498e7 Ad7855e65 372f4ad43 

∇ダウ:11,100.54(-128.48) ナスダック総合指数:2,239.08(-18.77) S&P500:1,239.49(-13.90)
先週金曜の米国市場は、フレディマックとファニーメイが自己資本不足に陥る懸念、またこれらのGSEが国有化された場合に、株券が紙屑同然になってしまう懸念から、フレディマックとファニーメイの株は大幅下落して始まり、全体相場も金融株中心に売られました。ダウの下げ幅は一時-250ドル程度までいきましたが、フレディマックとファニーメイにFedが公定歩合で直接融資するのではないかという見方が広がり、引けにかけてある程度戻して引けました。

日本時間の14日の朝方に、Fedと米財務省がフレディマックとファニーメイへの支援策を発表しました。Fedは公定歩合での資金の貸し出し、米財務省は信用枠の拡大と必要に応じての資本注入。流動性と資本への支援です。必要に応じて資本注入を行うと明言したのは、金融市場、住宅市場にとっては安心感につながると思います。ただし、もちろんそのお金は税金からでるので、米国の財政がどうかという話になってきます。今後は、米国債とドルの動きに、米国への信頼度が表れてくると思います。

・米財務省とFRBがGSE支援策表明、株式会社形態は維持へ
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPnTK013633920080713

・SEC、「風説の流布」に対する取り締まりを強化
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCGO8805.html


∇日経平均:13,010.16(-29.53) TOPIX:1,280.72(-5.19)
朝方に、フレディマックとファニーメイへの支援策が発表されたことからGLOBEX米株価先物が大幅高し、日経平均もCMEの終値よりも高くはじまりました。前場引けにかけて上げ幅を拡大し、13200円に迫る場面もありましたが、GLOBEX米株価先物の動きがふらふらしてたことやアジア株が下がってきたことから、日経平均も前日比マイナスへの沈んでいき、結局小幅安で引けました。業種別では鉄鋼株が強かったです。
 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    今日の相場 GSE
登録日時:2008/07/14(18:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。