収益性
47
活発度
0
人気度
52
収益量
49
投稿量
64
注目度
51

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ403件目 / 全686件次へ »
ブログ

6月26日の市場 何もなかった。そして、その後は

(午前10時書き込み)

 「前々から全て予想されており、その予想とまったく同じ声明文」に対して、市場がどういう反応を見せるか怖くて、売り買いどちらもポジを置かなかったが、結局のところ何も起きなかった。

 この環境下で、日本市場が上げることはない。しかし、後場に入り、また年金のサポートがあるかもしれない。日中の動きに関しては、予想の立てようがない。

 中期下げ相場はもう確定的と思っていい。

 売り方として待っているのは、米の買戻しと、「14000超え」だ。

 何も材料がなければ、金曜の米相場は上げると考えている。「下げ場の利益確定日」は、陽線になりやすい。


 ドルは、「対円」では、ドル高水準で留まっているが、「対ユーロ」では安値更新を繰り返している。

 「利上げ全開のEUと、利上げできない米」

 原油が珍しく急落したが、ドル安地合復活で、またジリジリと買われる状況だろう。

 株式市場にプラスの要因はまだ出てこない。

 
 日経先物と、個別全体の刷りあわせが悪い。先物プラ転しても、値下がり銘柄のほうが多い。値嵩株だけの仕事だ。

(午後2時書き込み)

 地合に関係なく、「何か」が日本株を支えている。「年金」か。

 先物の戻り具合と、現物の動きがやはり合わない。商い薄ということが良く分かる。

 ここしばらく、アメリカにショートカバー相場が来ていない。3大銀行の損失出しまで、売りポジ爆発はないか。

 あいつら自身が、下げで儲けようとしているから仕方が無い。GD始まりが増えるだろう状況で、日本株は耐え切れるだろうか。

(午後3時書き込み)

 シティの巨額追加損失の話が出た。
 その割りに、グロベは硬いようだ。それほどサプライズな話でもないのかな。
 JPモルガン、バンカメが残ってる。この辺が出切らないと、買い戻し相場にはならなそうだ。

 「14000に乗ってから空売り」という計画は頓挫か。
 
  
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    こんばんは

    ダウも日経も戻りのタイミングで戻れない
    後は爆下げのパターンになるかな?

    インフレ 金融不安 景気後退 こう重なったらどうにもならんでしょう。
  • イメージ
    >旅の途中♪さん

     こんばんは

     日本には、「年金基金」という向こう見ずが居るので、しばらく食い止めてくれると思います。今日、13800を割らずに引けたのは、そのためだと思います。

     米相場は、まだまだ軟調でしょうね。どこかで、大幅GDなどを食らうと、今度は個人が逃げに回ります。

     「押し目かも」は、怖い賭けになると思います。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。