収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ228件目 / 全1710件次へ »

大岡昇平に対する評論から、盗む

新聞の書評欄でも目にして、ピンときていた書籍を、

行きつけの書店で見つけた。

ちょいと高かったけれど、1/3まで読んでみて、

その内容にかなり満足している。

 

この書籍の隣には、

橋本治が書いた明治時代の文豪を評した書籍があった。

読みたいのは山々だったのだけれど、

今回は、財布の都合でどーしても「大岡昇平」の方に手が伸びた。

 

★「小説家 大岡昇平」

  菅野昭正著 筑摩書房 2014.12.10.初版第1刷

 

「俘虜記」、「野火」、「武蔵野夫人」、「酸素」について、

オイラの読んだ1/3の部分には評されていた。

 

大岡昇平の創作ノートや投稿記事から推測された、

各作品の描き方が、詳細に検討されていた。

大岡昇平の師匠であった小林秀雄の「私小説論」にも踏み込んでおり、

いろいろと勉強になる。

 

なにより参考になるのは、

大岡がそれら小説の構成を、なぜ、何の目的でそのように構えたのかという

菅野の考察だ。

 

「俘虜記」と「野火」は、すでに手元に寄せてある。

 

    *

 

併せて、トマス・ピンチョンの「V.」を読んでいる。

登場人物がかなり多く、馴れるまで読みにくいところも多々あるのだが、

やっと少し馴れてきた。

 

    *

 

行きつけの書店よりも大きい某書店では、

新潮社主催の「村上さんのところ」が影響しているようで、

カズオ・イシグロのコーナーが新設されていた。

 

また、小説を読んだことのないけれど成功した作家Mのコーナーも、

新設されていた。

 

村上発言の影響力に、ただただ驚く。

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    大岡昇平
登録日時:2015/02/23(02:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。