収益性
48
活発度
0
人気度
54
収益量
49
投稿量
64
注目度
52

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ407件目 / 全686件次へ »

6月23日の市場 ぶらり「底」探しの旅

(午前10時書き込み)

 「押し目」ではない。「底」探しの領域に入った。アメリカ相場は、下げながら空売りを膨らませ、下方向での利益出しに懸命だ。

 「サウジ、生産能力1.5倍に」

 このニュースで原油が下げなければ、金融市場が完全に病んでいることの証明になる。多分、今の様子だと、このニュースですら無反応の可能性がある。

 「需給逼迫っぽい」話題が出れば反応するくせに、こういう材料は見て見ぬふり。
 「下げ相場では好材料が無視され、上げ相場では悪材料が無視される。」そういうものなのだろうな。

 ここで買いに出るのは、かなりリスキーだ。下げ渋りを確認してからで遅くはない。何より、ウンコアメリカ相場がやばい。

 下落途中の可能性大&空売りはナチュラルリバ警戒ゾーン。要するに、手出し無用の相場だ。

 「原油&インフレモード+金融やっぱ駄目モード」の複合モードになってしまったため、「片方の好材料を、片方の悪材料が潰す」という展開が増えてくるだろう。「両方悪材料」となると、下落に拍車がかかる。


 「買って持ってりゃいい」という相場は、しばらく来ないな。

(午後1時半書き込み)

 「欧州」の仕事か?先週末、大幅に売り越した先物を買い戻している。
 「地合好転」ではなく、「売り」による上げだ。買い乗ることはできん。

 「日本株への資金流入」が、これからも続くのか。今週は、その試金石的な週だ。米市場と合わせて、まだまだ観察が必要。

(午後6時書き込み)

 為替円安も、相変わらず影響なし。フランスの経済指標の弱さからのドル高のようだが、米市場があの状態では無意味。「ドルの価値が上がった」という意味のドル高ではない。

 「為替が硬いから、日本株の下値は限られているだろう」

 という、今までの法則から出る発想は捨てたほうがいい。為替は、もはや株式市場への影響を失った。

 「もっと落ちるぞ」という話ではなく、「思い込みを排除する」という意味でだ。
 3月からは、「考えられぬくらい強い日経」として上がってきた。ということは、その正反対も有り得る、ということを頭の中に入れておくべきだ。

 「米相場の売り終結」を、しっかりと確認するまでは、安心してポジションを保持することはできない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/06/23(10:00)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/06/23(12:13)
    こんにちは。

    今日は原油が戻して日経も上がってしまった。

    200円安からの戻しはびっくりです。

    方向感なしです。ここからどちらも動き気配なしですね。
  •  通報する

    2008/06/23(12:17)
    >yoc1234さん

     こんちはー

     「上がる」背景には、「買い」と「買戻し」があります。
     どちらなのか、正確な判別は付きかねますが、2連続ギャップダウンの後には、大概こういう波が来ます。

     「落ちてから空売り」は、「上がったところを買い」と同じ行為なんです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。