天佑神助さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ92件目 / 全148件次へ »

楽観から一転

日経平均は6月9日(月)と10日(火)で-468.27円。
楽観から一転して、悲観への門扉が開かれたようだ。
SQ値を低く抑えるための先物の仕掛けか?6月末のファンドの持ち高の調整か?
・・・テクニカルだけでは無いような・・・気もする。
6月6日(金)まで「日本株を持たざるリスク。」なんて言っていたハズ。

06月05日(木)にマネックス社長の
松本大さんが自身のコラム;つぶやきの中で、
・・・アメリカからの投資家が、(日本は)「金融機関が潰れる心配が無い。」「不動産価格が暴落する心配が無い。」「ガソリン価格上昇の影響も極めて深刻な問題のようで無い。」
更に続けて、
「ところがアメリカに帰れば、これら3つのことは本当に深刻な問題で、毎日みんなが心配していることだよ。」
・・・と書かれていたのが、今妙に気になる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/06/10(15:27)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/06/10(16:24)
    こんにちは、うぅ、物凄い気になりますね。。全部逆のような気がします。備えあれば憂いなしですねーーー
  •  通報する

    2008/06/11(00:17)
    備えあれば憂いなし・・・その通りですね。
    (でも僕はアマチャンで、実行できないんです。)

    (ご存知の事と思いますが、)
    「米国投資家のあいだで、日本株の持たざるリスクが高まっているとの懸念が増している」とリポートしているのは、
    ゴールドマン・サックスです。
    目先のことですが、9日(月)と10日(火)はどんな売買の手口だったのでしょうか?
    気になりますね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。