天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ641件目 / 全3532件次へ »

投資部門別売買状況(2014年9月1週)

9月は月火水と3連騰でスタートしましたが、後半はアップルの急落やECBのサプライズ利下げなど、波乱含みな展開の中で足踏みが続き、これまで同様に上抜けするまでは至らなかった9月1週(9/1~9/5)のデータです。

【東証一部】(日経平均株価 8/29:15424.59→9/5:15668.68)

証自(13%)  買;1兆2450億  売;1兆1786億  差引;+664億
法人(7%)    買;6346億        売;7115億       差引;-769億
個人(22%)  買;1兆9230億   売;2兆1110億  差引;-1881億
外人(58%)  買;5兆4380億   売;5兆2216億  差引;+2164億
証委(1%)    買;1111億        売;1218億       差引;-107億
合計(100%) 買;9兆3517億  売;9兆3446億 差引;+71億

【ジャスダック】(ジャスダック指数 8/29:2292.08→9/5:2317.97)

証自(2%)   買;72億      売;74億      差引;-2億
法人(3%)   買;133億    売;147億    差引;-13億
個人(69%) 買;3112億  売;3047億  差引;+65億
外人(23%) 買;990億    売;1037億  差引;-47億
証委(4%)   買;160億     売;162億    差引;-2億
合計(100%)買;4466億   売;4466億  差引;+0.2億

まずは東証一部。外人が再度買い越しに転換し、4週連続買い越しの証券会社と大人勢が揃って買い越し。一方で、法人が売り越しに転換し、4週連続売り越しの個人と子供勢が揃って売り越し。大人勢の買い VS 子供勢の売り越しという上昇相場の形になりました。この週はあまり力強く上げたというイメージはなかったですが、後半底堅かった理由の一つがこの売買動向かもしれません。

続いてジャスダック。売買金額は更に少し増えて4,400億円台へ。主体別動向は、個人が13週連続の買い越し、外人が3週連続の売り越しで主力2主体は変わりなし。その他は、証券会社が2週連続の売り越し、法人が3週ぶりに売り越しに転換し、個人以外は売り一色となりました。大きな流れは変わらず、という所ですかね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/10/05(17:55)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。