ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ72件目 / 全698件次へ »

US. go Comgress こぼれ話 -大失敗の巻き-

もう15回も米国に来ているのに、相変らずカルチャーの違いによる失敗をしてしまった。読者にご披露するには恥ずかしいような出来事だけど、日米の差異を考える何かの役には立つと思います。


シカゴのオヘア空港で入国し、トランクの中の万能ナイフのことでチョットトラブルがあり、ニューヨーク行きへの乗り換えの時間が切迫したのが、第一の原因。トランクに万能ナイフを入れて荷物を預けて直ぐに搭乗ゲイトに走り、何とか間にあってセーフ。まあ、このくらいのことは想定内。

ところが、ニューヨーク空港のバッゲイジクレイムで今度は荷物が出てこない。係員に調べさせたら、次の便で来るからここでまてという。30分以上待ってやっと自分の荷物と感激の再開。(笑)アメリカンエアーラインからは一言のご挨拶もなかった。ここはアメリカ、あたりまえか?


ラガーディア空港からシャトルバスで、ホテルに着いたのは午後11時をまわっていた。疲れと空腹を感じながら、荷ほどきもそこそこに食事にでた。ホテル周りをウロウロしてから良さそうなカフェーに入った。お持ち帰りもできると言うので、自室でゆったりした気分で食べることに決めて、ランチボックスにチキン、ソーセージ、サラダやコーンをたっぷり入れて、水も抜かりなく調達して部屋に帰った。

さあ、やっと夕食となったところで、翔年はあり得ない事態に固まってしまいました。
恐らく読者もそれはないだろうとおしゃって下さるに違いありません。ナイフとフォークがはいってなかったのです。
窮した猿はなんと、手で食べたのです。(申し遅れましたが翔年は丹波生まれのれっきとした山猿です)

ニューヨークのそれもど真ん中のタイムスクエアの側のそれもホテルの一室で。21世紀の人類がまさかこんなディナーをとったとわ、恥ずかしくて誰にも言えません。どうか読者もご多言ご無用にねがいます。

疲れていた、腹が空いていた、とはいえ翔年のミスであるのあ明らかです。にほんなら、コンビニでも、スーパーでも、必ずレジがお箸は一人分でよろしいですか?と聞いてくれる。アメリカはそうはいかない。レジ嬢はお持ち帰りなら、自宅には当然ナイフやフォークはあるはずと思っていたにちがいありません。

おもてなし文化にドップリ浸かっていた翔年は、自己責任の文化圏では、必要なことはハッキリ要求すればいいのに、全て他人まかせにしていたのでした。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/08/15(22:38)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。