天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ676件目 / 全3483件次へ »

2014年7月22日(記録のみ)

日経平均 ; 15343.28 (+127.57)
TOPIX ; 1273.27 (+9.98)
JASDAQ指数; 2186.67 (+14.90)
マザーズ ;908.64 (+14.45、2日続伸)

本日も記録のみ。今週もダメでした・・・、この調子だと決算も週末にまとめて追いかける形になりそうです。

-------------------------------

日経平均127円高、4日ぶり反発に1万5300円台回復、終盤は伸び悩む=22日後場
7月22日(火)15時26分配信 モーニングスター

 22日後場の日経平均株価は前週末比127円57銭高の1万5343円28銭と4営業日ぶりに反発。終値での1万5300円台回復は17日(1万5370円26銭)以来、2営業日ぶり。前場の好地合いを引き継ぐ形で、後場寄り付きは買いが先行した。アジア株の堅調推移も支えとなり、上げ幅を拡大し、午後零時37分には、この日の高値となる1万5392円02銭(前週末比176円31銭高)を付ける場面があった。その後、根強い買いに高値圏を保っていたが、手掛かり材料に乏しく、終盤は株価指数先物売りを交えて伸び悩み商状となった。

 東証1部の出来高は23億751万株、売買代金は1兆7970億円。騰落銘柄数は値上がり1460銘柄、値下がり270銘柄、変わらず86銘柄。

 市場からは「日足は『マド』をあけて陽線を立て、25日移動平均線も回復し、強い動きに映る。ただ、レンジ相場に変わりはなく、本格化する決算発表を控え、もみ合いが続くとみている」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、14年9月中間期および15年3月期の単体業績予想を上方修正した東製鉄 <5423> や、新日鉄住金 <5401> 、合同鉄 <5410> などの鉄鋼株に買いが継続し、値上がり率トップを維持。住友鉱 <5713> 、古河機金 <5715> などの非鉄金属株も引き締まった。モルガン・スタンレーMUFG証券が投資判断を引き上げた任天堂 <7974> や、バンナムHD <7832> などのその他製品株も引き続き堅調。飛島建設 <1805> 、浅沼組 <1852> 、佐田建設 <1826> など低位株中心に建設株も継続物色され、品川リフラ <5351> 、太平洋セメ <5233> などのガラス土石株も高い。

 個別では、バンダイナムコゲームス(東京都品川区)が提供する「アイドルマスターSideM」の運営・開発を開始したオルトプラス <3672> がストップ高に、値上がり率トップ。短期資金流入の宮越HD <6620> は4営業日連続のストップ高。自己資本比率の向上、財務体質の改善を目的とした固定資産譲渡が引き続き評価されたランドビジネス <8944> は2営業日連続のストップ高。KLab <3656> も一時ストップ高となり、コロプラ <3668> などの上げも目立った。

 半面、郵船 <9101> 、川崎汽 <9107> などの海運株や、ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などのゴム製品株がさえない。芙蓉リース <8424> 、日立キャピタル <8586> などのその他金融株や、三井不 <8801> 、イオンモール <8905> などの不動産株も安い。

 個別では、14年6月中間期および14年12月期の単体業績予想を下方修正したenish <3667> に売りが継続し、値下がり率トップのまま。午後1時30分に14年6月中間期および14年12月期連結業績予想の下方修正を発表した小野測器 <6858> が値を崩し、前週末引け後に同中間期・通期の連結業績予想を下方修正したカゴメ <2811> も軟調。安永 <7271> 、ダイジヱット <6138> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

 -------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/07/22(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。