ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ595件目 / 全696件次へ »

アメリカ人P氏の見た日本

52c985ba7 44357e24f 07d9a2568 

 2年前の「US碁コングレス」の実行委員長だったP氏が、仲間数人とサウスキャロライナ州から突然ニッポンにやってきた。突然と言っても、サクラメントに在住のS氏(日本人)から、来日直前に打診があって、囲碁普及に貢献してくれている人だから二つ返事で引き受けたのだけど。


 それで彼は仲間とわかれて、単身、25日から29日まで塾に泊まって、朝早くから、京都、奈良、大阪に出かけてはニッポンの風俗や文化財や風景を写真に収めていた。塾に4日も宿泊しておりながら、翔年とは3局しか対局しなかったちょっと変わったお客さんだった。実は彼は写真家でHPはここ。

 初めて訪日したP氏は、見るもの聞くものがめずらしいらしく、彼のレンズを通してみたニッポンやチョッとした質問にも、彼の驚きが感じられて面白かった。忘れないうちに彼の語録として記しておきたい。

1 「カベ? カベは? 壁がない!」(朝、目を覚ました時の第一声) 
 これは若干の説明を要する。
 P氏は25日の夜遅くに塾についた。そのときは外は真っ暗、当然、濡れ縁の外側の雨戸は閉まっている状態。かれは母屋の濡れ縁を廊下と思って歩いて離れに行き、そこで夢を結んだと思う。つまり、かれは家の内側だけを見て眠りについたという訳。
 翌朝、翔年はP氏より少し早起きして、雨戸は勿論、玄関の門等もすべて開け放って、初夏の風が室内に流れこむようにしておいた。勿論、目覚めて離れから母屋へ渡ってくる彼が庭の新緑で心地よく眼を覚ましてくれることも期待して。
 驚かすつもりはなくても、人は驚くことがある。
”Wall …、Wall…”。最初何を言っているのか分からなかったが、彼は雨戸をカベと思いそう呼んでいたのだった。それはそうだろう。一夜のうちに壁がなくなれば誰だって驚く。
 日本人は自然(外)と人間の住まい(内)とをセパレイトしない。伝統的な家屋では人間と自然が一体なんだと説明しておいた。


2 「スタートレックの世界みたい」
 東京ではどこもかしこも自動ドアなのに驚いたという。それから回転寿司も。体験して”Star Trek”(宇宙大作戦)見たいに感じたそうだ。

3 「モダーンと伝統の融合」
 撮ってきた凄い数の写真を見せてもらったら、彼の興味は「モダーンと伝統の融合」にあるらしかった。これはよくわかる。京都の表通りと裏通りの表情の違い等を、彼のカメラアイが色々な角度からとらえていた。


4 ドリンク・コーナーの写真
 大阪城公園で何の変哲もない自動販売機のコーナーの写真を熱心に撮っていたので不思議に思った。近寄って尋ねると、彼の指差す先には "DORINK CORNER" とあった。正しくは”DRINK CORNER"のはず。日本人は「ドゥリンク」ではなく、「ドリンク」と「オ」の母音を入れて発音するんだと翔年が言い訳するはめになった。

5 「OUT INは何故英語で表示するの?」
 車に乗せて、何回か駐車場に入った。路面に「OUT IN」と書いてあるのを見て、「日本人の駐車場なのに、何故英語をつかうのか」と質問された。「知らん」と答えるしかなかった。翔年の嫌いな日本文化の薄っぺらな一端を鋭く指摘された。
 明治以来、我々日本人は外国の文物を必死になって取り込んできた。その過程で外国の物なら何でも良しとする、いわば外国崇拝のような薄っぺらな文化も作ってしまった。その名残りが「入り口、出口」と書けばいいところにIN OUTOと書き、自販機の飲料水売り場に英語もどきの表現を格好良いとして使う。そして今でもそういうやり方が無意識のうちに、ジャパニーズ・イングリッシュとしてはびこらし、我々は恥ずかしげもなく使っている。

6 「チャーム(お守り)?」
 電車内で大抵の女性がバッグや携帯電話に小さな飾りをつけているのを見て、「お守りか?」といぶかって質問した。「お守りもあるが、多分飾りだろう」と説明しておいたが、果たして彼は日本女性は信心深いととったか、あるいは子供っぽいととったか。

 

7 「日本料理はクラシック」
 日本料理はどうかと聞くと「日本食は繊細で美しくておいしくてクラシック、アメリカのはジャズ?」と言ったようだった。ジャズとはっきり言った訳でなく、ジャズの中の何かの種類を言ったんだと思うがよく聞き取れなかった。


8 自分の写った写真は撮らない
 大阪城公園で翔年は2,3枚P氏に写真を撮ってもらった。お返しに彼にとってあげるといっても、決して自分は被写体にならなかった。彼はカメラマン、プロは自分のカメラのレンズを向けられることはしないということなのだろうか。
 翔年のカメラのスナップには気さくに納まったのに・・・。

9 「日本は平和で安全」
 いきいき塾は田舎なので戸締りは厳重でない。翔年の留守中も自由に出入りできるように、裏口の小さな南京錠のキーを渡した。南京錠はペンチで引きちぎれるようなしろもの、木でできた雨戸だって、ガラス障子だって、叩き壊そうと思えば簡単。彼はそんな田舎屋に一人で夜を過ごし、平和と安全を実感したのだろう。「ここは田舎だからで、日本国中そうではない」といいたくなかったが、よけいな説明を加えてしまった。

10 「シャワーは朝」
着いた夜にシャワーをすすめたところ、「アメリカ人は朝、ヨーロッパ人は夜」と言って、旅装を解いた夜もシャワーには入らなかった。風呂で疲れをとる我々とは違う。


 P氏はBlogに日本滞在記を書きつつある。ここ。翔年も彼の観察の対象になっているかもしれない。その前に急いでこれをアップしておこう。先手必勝!
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/05/31(17:57)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。