siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2369件目 / 全2597件次へ »

相場の極意を伝えますよ(笑)

はじめに。
もし手元にまとまった金があったら、皆さんはどう使いますか?
多くの方にとってそういうお金は、コツコツ貯めた預金だと思います。
もし手元にまとまった金があったら、私は相場を張ったり、株式投資したりはしませんね。
これはかつてそうやってお金を失った私の、ささやかなアドバイスです。
特に短期売買で退場する人は、その失敗を他の人に伝えることなく、いなくなってしまいますから、良かったら聞いてください。

最も有効な投資は、自分への投資です。
手元のまとまった金を意識する時期は、大抵人生の転機に差し掛かっている時だと思います。
今の仕事や自分の体力に限界を感じて、次の職場に移ろうという方がいましたら、ぜひそのお金は、新しい職場でのストレス解消に使うべきであります。
毎月1万でも2万でも、次の職場に慣れるまで、無理にでも使うべきであります。
仕事を辞めてから次の職を探そうとすると、なかなか職探しをする気にならないものです。
しかし庶民は働かなくては、金を稼げないのです。
手元にある金を使ってでも、働くように自分を奮い立たせるべきであります。
間違っても、トレードで生計を立てようとしてはいけません。
なぜなら、最終的には99%に負けますから(笑)

例えば、あなたAさん、別のトレード参加者Bさんがいるとしましょう。
相場と言うものは資金量の比べあいですから、金を持っている方が勝ちます。
当然個人投資家はもっとも金を持たない部類の参加者ですから、AさんよりBさんの方が金を持っているとします。
Aさんが上下どちらかに張れば、Bさんはその逆に張ってきます。
勝つのはBさんです。
これが基本なのです。
しかしAさんが勝つこともあるのですよ。
さらに金を持つCさんがいる場合は、CさんはAさんと同じほうに賭け、Bさんを負かすからです。
なぜCさんはBさんではなく、Aと同じほうに賭けるかわかりますか?
相場は上下どちらかしかありませんから、Aさんに少々勝たせても、Bさんからたんまり金をとれば利益が出るからです。
Aさんは利益が出ました。
しかしもう負けてくれるBさんはいません。
次に負けるのは、Aさん、あなたしかいないのです。

株というものは、余裕資金の現物投資でやれば、Cさんにとことん株価を下げられても、投げないという勝負の仕方が出来ます。
Cさんより資金のあるDさんの登場を待つわけです。
これが長期投資です。
これなら個人投資家にも勝算はありますので、私もこの方法で勝負しております。

しかし、それも仕事を持った上で行うべきものであります。
なぜなら、何もしないで、ただひたすら時間の経つのを待つことほど、愚かなことはありませんからね(笑)
次の仕事に慣れてから、余ったお金や収入で投資を始めても、遅くはありません。
相場はいつだって開いているのですからね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/05/22(21:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。