収益性
54
活発度
53
人気度
52
収益量
51
投稿量
94
注目度
61

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ478件目 / 全1738件次へ »
ブログ

「戸越銀座でつかまえて」

新聞書評欄でみつけて気になっていたけど。

今日、書店で見つけて買ってしまう。

 

私小説だけど、暗くはなく、

どことなくユーモラスなのも好感が持てる。

西村賢太もそうだけど、これを書いた作家も、

なかなか強い精神力を有している。

そういうところ、オイラには敵いやしないと、ちょっと落ち込む。

 

★「戸越銀座でつかまえて」

  星野博美著 朝日新聞出版 1,500円+税

 

ひょっとしたらこの星野という人は将来、

川上弘美や三浦しをん、西原理恵子を凌駕するような小説を書くかも知れない。

そういう可能性を感じる。

 

作中にて戸越銀座商店街、武蔵小山商店街が描かれている。

オイラは、そこへ学生として通っていたから、懐かしく思った。

商店のいくつかは実名で登場しているが、

もっと多くの実名が出てきてもオモロイかと思う。

 

ちゃんと、チャーも登場する。

が、オイラのみたチャーは、なんというか近寄りがたいオーラを醸し出していた。

彼の半径5メートル以内には、とてもじゃないが入り込めないオーラだ。

星野博美はあっさりとチャーに触れていたが、この辺、どーなんだろう。

 

また、星野博美は部類の猫好きで、同じく猫好きなオイラにはそこもたまらない魅力に思えた。

こういうノンフィクション・ジャーナリスト系の作家が、

創作力を必要とする小説を書いたらどーなるのか、ちょいと今後が楽しみだ。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。