収益性
50
活発度
58
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
55

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ467件目 / 全1725件次へ »
ブログ

「ねこ的人生のススメ」 ジョー・クーデアという作家

(略)

「やれやれ、これで猫が七匹になった」結局、飼い主は見つからず、家に戻る途中で、

お客の一人のピーターがため息をついた。

「とんでもない、これ以上は飼えないわ」コニーはいった。

「そのとおりよ」わたしはうなずいた。「六匹で十分。六匹だって多すぎるぐらい。この猫は明日、愛護協会に連れていくわ」

 

 山を下るあいだ、わたしたちはずっとおしゃべりをしていたが、小さな猫はまるで会話の流れを追うかのように、ボタンのようにぱっちりとした目で、わたしたち一人一人の顔を順繰りに見つめた。

そして会話が途切れるたびに、今度は自分がしゃべるのだった。子猫の鳴き声は、最初の音節を切りつめた短縮されたものだったから、ニャオではなく「ワウ」と聞こえた。ただし、ロック歌手がいいそうな「ワウ」だ。つまり「ワウアウ」とか、ときには「ワウアウアウ!」と聞こえた。どうやら子猫は会話に参加するつもりらしかった。おかげで、迷子のよるべない生き物ではなく、自分の考えをはっきり言葉にできる冷静な存在に感じられたから、妙な話だ。

 

 家に戻ると、バスケットにバスタオルを敷いて子猫を入れ、台所の棚の上に置いた。子猫は七面鳥の肉を少しばかりもらうと、おとなしく丸くなって眠りこんだ。サンドウィッチを作ろうと台所に入っていくと、子猫がバスケットの縁から頭をのぞかせたので、わたしはパンにバターを塗りながら話しかけた。

 

「ぐっすり眠れた?」とわたしはたずねた。「お腹すいてる? もっとターキーがほしい?」そのひとこと、ひとことに、子猫は「ワウアウ」と答えた。そのときどきで、きっぱりと、不審そうに、同情をこめて、熱心に、とふさわしい口調に変えた。わたしがすっかりおもしろくなり、子猫の興味がいつまで続くか試してやろうと、勝手にしゃべりつづけた。だが、子猫はいっこうに飽きず、冷蔵庫から何かをとりだそうとしてこちらが黙ると、カウンターに戻るやいなや、わたしの目をじっと見つめてはっきりと質問した。「ワウアウ?」

 

「すばらしいわ」わたしはいった。「そんなにちっちゃな猫なのに、とてもおしゃべりが上手なのね」

子猫は熱っぽく同意した。「ワウアウ!」

**********************************************

 

★「ねこ的人生のススメ ~しなやかに生きるための7つの法則」

  ジョー・クーデア著 羽田詩津子訳 早川書房 700円+税 2007.3.31.発行

  P.25~26より抜粋

 

自分が小説を書いてみる前だったら、感じなかっただろうと思う。

このジョー・クーデアという作家の文体に、親しみを覚える。

また、他の場所にふんだんに出てくるさらりとしたスケッチ風景描写が、オイラには参考になる。

その部分は、今のオイラにはっきりと欠けているところだ。

その上、この作品は明らかに私小説だ。

 

やっぱり自分が書いてみないと、

他人の作品を読んでも、その良さや違いを理解・発見することができない。

書いてみて、よかった。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。