abe-reiji-2013さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ50件目 / 全57件次へ »

特に材料なしに日経平均と為替相場が上下に動いた東京市場

8d550f4ef D1382e6d6 A1f48b544 


こんばんは。


本日の東京市場は、8:32に1ドル98.32円だったのが、9:19には97.98円、9:47には97.87円と東証の取引開始前後から円高ドル安が進みました。


それとともに、日経平均は9:09の14,261.70円をピークとして9:16には14,088.59円、9:41には14,046.63円まで下落してしました。


ドル円相場が10:12に一旦98.09円に戻った際には日経平均も14,137.80円まで値を戻したものの、その後は円高傾向に戻るとともに、日経平均も再び軟化し、11:14には14,031.61円まで下落しています。


この様に前場は円高ドル安が進んだことや、香港ハンセン指数が前日比マイナスで推移していたせいか、大きく値下がりしていました。


しかし、東証の昼休み時間中の12:13の97.86円を底として13:31に98.36円まで円安ドル高へ反転したせいか、日経平均は後場に入ってから急速に値を戻し、13:37には14,334.81円まで上昇して前日比プラスに転じています。


その後も15:09には98.50円まで円安ドル高が進むとともに日経平均も上昇の勢いを増し、14,401.06円で前日比+143.02円という最安値から見ると約370円を取引時間でいうとわずか3時間弱で値を戻す形になっています。


この間に上海総合指数こそ日本時間11:21(上海時間10:21)の2,035.34を底にして日本時間15:00(上海時間14:00)に約2,055まで上昇していますから、一見この相場展開が東京市場の上昇材料となったかのように見えます。


しかし、香港ハンセン指数は日本時間14;52(香港時間13:52)の21,880.65香港ドルから日本時間15:00(上海時間14:00)に約21,960香港ドルへ約80香港ドル戻したくらいであり、この上昇が東京市場の日経平均の上昇を支援したというよりも、逆に香港ハンセン指数が日経平均の上昇を材料として値を戻したとみる方が正しいでしょう。


この様にみていくと、本日の東京市場はドル円相場と日経平均などの株価が互いに影響しあいながら、相場の下落と上昇を生じさせたといえそうです。


逆に言えば、特に材料なしに下落と上昇を起こしているので、明日以降も特別な材料なしに、為替相場と株式相場が影響しあって変動する不安定な相場展開が続くのかもしれません。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/08/06(22:45)

 通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

  •  通報する

    2013/08/06(22:48)
    Cd16dac4a 736a8697c D1382e6d6 

    なお、東証の取引時間終了後の15:53の98.58円をピークとして17:05には98.32円、さらに17:46の98.45円から18:55には98.00円まで再び円高ドル安となるとともに、NYダウ平均先物が日本時間18:10(シカゴ時間4:10)頃の15,560ドルから日本時間17:30(シカゴ時間5:30)頃に15,524ドル下落したため、シカゴグローベックスの日経平均先物は日本時間18:00(シカゴ時間4:00)頃の14,380円から日本時間17:00(シカゴ時間5:00)頃に14,310円まで下落しています。


    この点から見ても本日の東京市場の急速な円安と株高は東証の後場の時間帯前後のみのとなっており、特に支援材料がなかったことが明白と思われます。


    そう考えると明日以降もよくわからない理由で相場が大きく変動する不安定な相場が続くとみてよさそうです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。