天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1142件目 / 全3483件次へ »

アスカネット 2013年4月期 通期決算発表

6月決算の2社目、2438 アスカネットの通期決算発表から見て行きます(→リンク)。合わせて前期末配当の増配を発表しています(→リンク)。早速、決算の内容を見ていきます。2013通     売上;45.3億  営利;6.6億 経利;6.6億  当期純利;4.1億2014通(予想) 売上;48.8億 営利;6.9億  経利;6.9億  当期純利;4.2億2012通(前年) 売上;44.9億 営利;7.4億  経利;7.4億  当期純利;4.3億売上は前年同期比1.1%増、営業利益は10.7%減。事前の通期業績予想に対しては、売上が4.2%減、営業利益は8.9%増。売上減はどれか特定の事業が足を引っ張ったというわけではなく、どの事業も計画未達だったようです。営業利益の増加は、事業の効率化および研究費の延期という事で、コストを下げた事によるものですね。注目の今期予想は売上7.7%増、営業利益4.5%増、配当は29円→30円へ増配で、増収・増益・増配の予想となっています。決算をちゃんと見るのは初めてなので、各事業の動向をチェックしておきますと・・・。まずはメモリアルデザイン事業。前期は売上21.1億、セグメント利益7.3億で利益面では稼ぎ頭の事業です。この事業は葬儀関連事業であり遺影の写真加工が中心で、普通の写真と電照写真加工(ハードを売って、フィルムを焼き増しで提供)の2つのサービスが中心になっています。続いて、パーソナルパブリッシング事業。売上は24.1億、セグメント利益は3.7億で売上は3事業のうち最も大きいです。プロの写真家などを対象にしたBtoBのビジネスと、一般消費者を対象にしたBtoCのビジネスがあり、BtoCのフォトブック作成サービスに力を入れているようです。海外もUSA、オーストラリア、韓国、台湾などに展開しているようですが、苦戦しているようで縮小傾向です。海外が成長ドライバになっていたりすると面白いんですけどね。最後に、エアリアルイメージング事業。個人的にも最も期待している空中結像技術の事業ですね。すでに試作は出来ておりショーに出展し高評価を得ているようですが、量産化するのに苦戦しているようです。売上は0.02億、セグメント損失が0.7億でまだ業績には貢献していません。今年度の研究開発投資は0.5億という事で、期待の事業ではあるものの大きな投資をかけて勝負しているという感じでもないですね。今期の計画は3事業とも増収を目指すという事なので、主力2事業の業績を見ながら、AI事業の業績貢献待ちという事になりそうです。株価は先週末の下落で一時600円台前半まで下げ、配当利回り4%を超えましたが、今日は上昇して早くも800円台を回復。600円台なら積極的に買い増ししたいなと思える決算でしたが、さすがにそこまでは下げないかな・・・。とりあえず、ホールドの方針は変わらずです。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/06/11(22:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。