akkiiさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3463件目 / 全3489件次へ »

アジア株は分かれました。

アジア株は全面高・・・と言いたいのですが、香港は上昇しているものの、中国上海、深セン(本土)の株は下げているという、ちょっと面白い状態。

香港は米国の影響を受け、本土は中国自体の影響とでも言っておきましょうか。
中国のバブルが今すぐはじけるとは思いません。あそこの国の言葉を信用していいかどうかは別としても、中国政府高官が強気なのは当然のこと。前年よりはちょっと減ったもののGDPの伸び率はすさまじい。
ただ中国も馬鹿ではない。この景気過熱感に危機感を抱いているのは至極全うな話。金融引き締めにかかるのは当然のことで・・・それによって下げたというわけですね。

ちなみに、引き締めでもっとも影響を受けやすいのは、金融と不動産か。ただ、今のところ金融は絶好調なので、そんなに気にしなくてもいいかも。
ただ、問題は地政学的リスクか。オリンピックを前にしていろいろ問題を抱えているのが痛いかな。今の経済を考えるとそんなことでへこたれるとは思わないけど・・・今から中国株をやるなら、個人的には香港の市場のほうがお勧めかな。
ただ、中国・香港株はかなり変動が大きいので、そこは注意してください。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/04/17(19:33)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。