証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

日経新聞にも出てました!「コツコツ投資家 影の勝利」

私は前々から申し上げてきましたが、長期分散現物投資が最強の投資方法であるという考えが、いよいよ明らかになってきましたね。


長期と現物投資というのは、文字通り受け取って頂いてかまわないのですが、分散の部分に関しては、銘柄の分散と購入時期の分散が必要となってきます。

銘柄の分散というのは、一つの銘柄に集中投資せずにリスク(リターンもですが)を減少させて、万が一の事態にも、投資資産が壊滅しないようにするのであります。

また全体リスクを減少させていることで、逆にハイリスクハイリターンの銘柄にも投資できるという面白さもあります。

そして購入時期の分散というのは、ドルコスト平均法という呼ばれ方をしているのですが、一定額を一定間隔で投資し続ける方法であります。

それにより、相場水準が高いときには少量を買い、安いときにはたくさん買えることになり、全体としてはお得な形で株式購入が出来るというものであります。

日経新聞で紹介されていた方は、個別株ではなく、インデックスや積み立て投資という形の投資法であります。

その場合、銘柄分散がほぼ自動で出来るというメリットがあります。

しかしながら私は、個別株でこの投資方法を実践しております。

今現在は個人的な都合で新規資金の投入を止めてしまっている状況でありますが、毎月3万円を個別株購入に使っておりまして、その成果は昨年までは年10%以上、今年に入ってからの含み益は、今までの年10%の利益を消滅させても、さらに20%はあるかと思います。

しかもこれは、配当や株主優待といったインカムゲインは除いた成績でありますので、実際はもっと大きなものであります。

もちろん倒産株や上場廃止株も掴んでしまっております。

私はボロ株と言われる株も積極的に買ってきたので、100社近く投資して、10社くらいはそういった株を掴んでしまったと思います。

それでも上記の成績でありますので、いかにこの投資方法が強いかがわかるかと思います。


インデックスとか積み立て投資とかいう投資法も、時間がない方やあまり株のことに興味がない方にはオススメであります。

ただ少々の時間があり、株に対する興味がおありでしたら、ぜひ個別株で長期(銘柄・時期)分散現物投資にチャレンジしてみてはと、思うのでありますよ。


ちなみに日経新聞のその記事では、コツコツ派に対して、当てにいく派という投資家を対称として紹介しておりました。

チャート見たり、景気を見たり、企業分析したり、また売買板分析をしたりする人が、それに当たるとのことであります。

私のいう「長期(銘柄・時期)分散現物投資」というのは、個別株に投資するものですから企業分析は必須になりますので、その部分は当てにいく派とかぶりますが、それだけでなく結局のところ、投資家として長く生き残れば、チャート分析も景気分析も売買板分析も、そんじょそこらの当てにいく派よりも詳しくなります。

当てにいく派は9割の人は、3年も持たずに退場します。

私の株歴は10年以上です。

コツコツ派というのは、投資家としてのスキル形成も、コツコツと積み上げているのでありますよ(笑)

そして私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )は、そんな分散投資には欠かせない銘柄だと、私は思っています。


さて、全然話は違うのですが、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」http://amana.jp/ )に提言であります。

新規ビジネスの提案であります。

御社には業界ごとに広告制作受注の営業担当がいると聞いております。

医療系の営業担当者に提案であります。


急患の受け入れで、救急車が患者のところに駆けつけたものの、病院にいくつも断られて、結局助からなかったという話を聞くことが多くなりました。

急患の受け入れ可能人員をリアルタイムで確認できるサイトを作ってみてはいかがでしょう。

現場では当直医が何専門とか、手術中とか処置中で対応医師が何人いるとか、看護師は何人対応できるか、とかいろんな情報が絡むから、単純な病床数は難しいのかも知れませんが、そういう難しい点がないとビジネスにはなりませんから(笑)

以前もこんな話をしましたっけ?

病院だって営業ノルマがあるんです。

近所の整形外科は、どこにでもある営業会社と同じように、

「今日は200人絶対やります!」と朝礼で絶叫しているとのことであります。

病院側にもニーズはあると思います。

すでに奈良県では実施されるみたいです

救急患者受け入れ可否、救急隊と病院が情報共有 奈良県が4月システム導入へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000591-san-soci

前例もあるということで、ぜひ猛スピードで挑戦して欲しいです。


さて、これまた全く話は違うのでありますが、写真雑誌IMAhttp://imaonline.jp/list/imamagazine )のウェブサイト「IMAオンライン」のコラム、「Taka's Photo Diary 」でありますが、以前お願いしたとおり、掲載される写真の数も十分あり、とてもわかり易く読むことが出来ました。

http://imaonline.jp/list/feature

この調子で、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(笑)


ところで話は変わりますが、私の注目銘柄は「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )であります。


アマナグループ
http://amana.jp/

株主優待
http://amanaholdings.jp/ir/communication/hospitality/index.html

株主通信
http://amanaholdings.jp/ir/communication/information_amana/index.html

決算説明会動画
http://amanaholdings.jp/ir/communication/explanation/index.html

グループ会社 アマナイメージズ
http://amanaimages.com/indexTop.aspx

写真・イラスト販売のお小遣い稼ぎサイト タグストック
http://tagstock.com/

100株買って、配当と株主優待をもらいながら、長期保有。
暇なときは写真を撮って、タグストックでお小遣い稼ぎ。
なかなかいい会社でありますよ(笑)



 

ところで、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )には、オススメ商品があります。


☆雑誌

写真雑誌・IMA
http://imaonline.jp/list/imamagazine

パリ発キッズファッション雑誌・ミルクジャポン
http://milkjapon.com/

料理通信
http://r-tsushin.com/


☆撮影

バーチャルスタジオ・スタジオプラス
http://amana.jp/company/studio/

オンライン依頼のモデルキャスティング
http://amodel.jp/

360%パノラマ撮影・パノウォーク
http://amanaimages.com/satsuei/panowalk/

エンターテイメント映像制作
http://www.ppi.co.jp/


☆素材

3Dモデリングサービス
http://amanaimages.com/3dmodel/index.aspx


http://amanaimages.com/sound/index.aspx

文字
http://amanaimages.com/font/web/index.aspx


写真・イラスト販売のお小遣い稼ぎサイト タグストック
http://tagstock.com/

100株買って、配当と株主優待をもらいながら、長期保有。
暇なときは写真を撮って、タグストックでお小遣い稼ぎ。
なかなか良い会社でありますよ(笑)

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/03/06(14:39)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
売り優勢
+14.8%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

59.3 40.7
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!