unle-takaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1290件目 / 全1636件次へ »

一目均衡表方式は、私には絶対的であります。


一目山人の原著にある言葉です。控えめな表現だということが分かるまでには、私のようにかなりの
痛い目にあわないと実感が沸かないかもしれません。

板一枚動じない買い、また売りというのが個別銘柄では出来る場合があります。
まさがここまでは上げると思わない均衡表の点まで上げ、そこで売る。
まさか今日はここまでは下がらないだろうという点で買うこともできるのですが、
そこまで上げると買いたくなり、下げると売りたくなる自分の邪心が邪魔をします。
均衡表に素直になれない自分がいます。

その様なポイントは、逆に反対にも行きやすいポイントでが、返って中途半端なところで
売買するよりも安全であることは確かです。
そうでなかった時の対処も出来るポイントだからです。

私には絶対的ですと早く言えるようになりたいものです。

絶対ではなく、絶対的という表現は、努力して苦労して来た人が使うから控えめに聞こえるのかもしれません。




  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/03/25(13:14)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。