ソードさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ52件目 / 全85件次へ »

日銀トップ不在こそ慎重に考えよう

日銀の総裁が不在です。
まさに異常事態です。
が、一方ではようやくダメ総裁として市場のコンセンサスを受けた福井総裁がいなくなるのはありがたいです。
あるアナリストの計算では、福井総裁がやった量的金融の規制をやっていなければ日本の株価は世界と同じような動きをしていたと分析しております。
もちろん、アナリストの分析ですし今になっては後出しじゃんけんみたいなもので、分析結果が正しいかどうかはわかりませんし、実は福井総裁の金融政策は正しかったという結論もあります。
が、企業利益が空前の利益率を上げている反面、勤労者の収入が低下しているのはある意味異常な状況です。
今年の春闘は、派遣社員やパートなどの収入増加を目指すとしていますが私としては時既に遅しと言う感じがしますね。
そもそも、世界経済は実態は別として心理的には最悪な状況なのに労働者の収入増を求められても企業経営者は応じないでしょうし、応じても増加額はたかがしれているものでしょうね。
そんな混乱している時期に、金融のトップを不在にして政争にうつつを抜かす政治家は犯罪です。
福田首相の場の空気を読めないのも問題ですが、話し合いに応じない野党(主に民主党と社民・共産党)はどうにもなりません。
正直、こいつらがやってる愚行が経済にどれだけ損失をだしているのか計算して賠償請求してみたいです。
大事なのは、国民の富を増やすことなのですがそういったことを全然考えず面子や目先の人気取りを考えているのは問題です。
我々投資家は、これからの経済がどうなるかしっかり考えた上で候補者選ばないと企業の業績が原因で株価が下がるのではなく政治が原因で(既に始まってますが)経済が破綻しかねません。
はぁ、なんかここに書いている日記って夢や希望がねぇなあ。


ブログやってます。暇な人は見てね。
http://gandamuf99.blog82.fc2.com/
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/03/22(23:25)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。