収益性
0
活発度
0
人気度
74
収益量
0
投稿量
61
注目度
50

NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ310件目 / 全560件次へ »
ブログ

昨晩の相場 -3/20-

Cb87044c4   2d12c5bbe   5a182e8c2  

∇ダウ:12,099.66(-293.00) ナスダック総合指数:2,209.96(-58.30) S&P500:1,298.42(-32.32)
今日は日本市場は休みですが、商品や為替の動きが面白かったので日記書きます。昨晩の米株は、資源価格の急落で、資源株、素材株が大幅安。ダウ構成銘柄で言うと、アルコア、エクソン、シェブロンが大きく下げました。それとメリルリンチの追加評価損の噂で金融株が大幅安。大きな悪材料が出たわけではないのですが、まだ市場心理が恐怖へ傾いているようです。今週末は三連休になるので早めに手仕舞いする方向へ向かったのかもしれません。

火曜の日記にも書きましたが、原油、金など資源価格は天井をつけたっぽいです。bloombergの最新記事の一覧にも、commodityやgoldの文字が躍っています。商品売りと同時にドルが買い戻されています。米株が下げてもドル円はあまり動いていないです。リスク回避の円買いと、商品売りに伴うドル買戻しが拮抗しているのでしょう。ここ数ヶ月、商品買い/ドル売り/円買い/国債買い/株売り だったマーケットの流れは、新たな局面に入ると思います。商品買い/ドル売り/ はうまみ無くなった感じです。国債買い/株売り はどうなるか。目先の動きは、とりあえずセンチメント次第。

米国債は質への逃避で物凄い低い利回りまで買われています。短期ものが特に凄い。1ヶ月米国債の利回り0.26%。これはかなり異常な感じです。
http://www.treasury.gov/offices/domestic-finance/debt-management/interest-rate/yield.shtml

商品売りの流れを受けて、日本株も、住友金属鉱山や三菱商事などいままで値持ちの良かった、非鉄や商社株が売られると思います。資源株比率の高いブラジルやオーストラリアの株価指数は大きく下げています。
資源価格下落の全体相場への影響は、インフレ懸念の後退と捉えられればポジティブですし、景気後退懸念と捉えられればネガティブです。ニュースフローがどちらのトーンに傾くか注意したいと思います。
4件のコメントがあります
  • イメージ
    こんにちはーNGTNさん

    >商品や為替の動きが面白かったので日記書きます。
    読みにきました。あはっ(笑)

    >資源株比率の高いブラジルやオーストラリアの株価指数は大きく下げていま
    これ私も見てました。ほとんどが右肩下がり、
    オーストラリアもそれに追従の形でしたし。
    金も現物のほうはどんどん下げていってるみたいですね。
    商品の巻き戻しでどこにマネーが向かうのか、
    ここは見ておきたい感じがあります(^^ゞ
  • イメージ
    NGTNさん (対象外)
    2008/03/20(17:39)
    みやまな鉄砲長さん、
    こんにちは。今のところ、まねーは国債に殺到していますね。現在、相対的に魅力的なアセットクラスは、株式と社債だと思います。
  • イメージ
    Tanpanさん (184.83point)
    2008/03/20(22:45)
    こんばんは^^

    ここの所商品ファンド調子良かったのでちょっとがっかりな話題ですが、代わりに株が上がるのなら良いなぁ・・・^^

    もうこうなると全然私には判らないので何も出来ないですが(^^ゞ

    世界のお金いっぱい有るんですねぇ@@
    この後どこに流れるのやら・・・XX
  • イメージ
    NGTNさん (対象外)
    2008/03/21(14:59)
    Tanpanさん、
    こんにちは。商品ファンド持ってたんですね。商品は5年、10年のスパンで見れば上がっていくでしょうけど、目先は投機筋のラリーは終わった感じです。ただ、年金などの長期資金も入り始めているので、実需がいまいちでもそれなりに値を保つ可能性はありそうです。
    株については、ほとんどの国の株式市場についてここからの下値リスクは小さいと思います。上値は、その国の魅力次第でしょう。今は国債に資金が逃避していますが、群集心理と同じ行動をしても果実は得られないかと。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。