収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1633件目 / 全3660件次へ »
ブログ

2012年8月20日(記録のみ)


日経平均 ; 9171.16 (+8.66、3日続伸)
TOPIX ; 764.66 (-1.15)
JASDAQ指数 ; 1301.58 (+4.04、3日続伸)
マザーズ ;329.15 (+2.83、3日続伸)

本日も記録のみ。相場があまり動かない事もあり、意欲低下中です。PSSの決算とかも見ないといけないんですけどねえ。

-------------------------------

日経平均は3日続伸、円の下げ渋りで上値重い=20日後場
8月20日(月)15時12分配信 モーニングスター

 20日後場の日経平均株価は前週末比8円66銭高の9171円16銭と小幅ながら3日続伸。一方、TOPIXは同1.15ポイント安の764.66ポイントと3日ぶりに反落した。手掛かり材料に乏しく、商いが伸び悩むなか、先物への売り買いに揺さぶられて方向感が定まらなかった。円の下げ渋りもあって日経平均は下げに転じる場面もあったが、下値は限定的で、押し目買いに支えられて持ち直した。東証1部の出来高は13億1910万株。売買代金は7601億円。出来高・売買代金とも13日以来1週間ぶりの低水準。騰落銘柄数は値上がり626銘柄、値下がり880銘柄、変わらず166銘柄。

 しんきんアセットマネジメント投信・投信グループ長の藤原直樹氏は「先週末まで堅調だった景気敏感株の上値が重く、いったん内需株にシフトする動きが優勢となったようだ。大型の投信設定もあって思惑が交錯したのも、不安定な展開になった一因だろう」と指摘している。「休暇明けで国内勢は戻りつつあるが、海外勢はまだ休暇中という人も多い。今週もそれほど商いは膨らまないとみられる。強い米経済指標で日米の金利差拡大、円高修正の動きが続けば、先週と同様に上値を試すことも有り得る」と話している。

 業種別では、レンゴー <3941> 、王子紙 <3861> などパルプ・紙株が堅調。三菱UFJモルガン証が投資判断を引き上げた東レ <3402> など繊維株も継続物色された。京セラ <6971> などハイテク株も上げ基調。ドンキホーテ <7532> など小売株も上昇した。アステラス薬 <4503> など医薬品株も引き締まった。KDDI <9433> など情報通信株もしっかり。太陽光発電パネル屋上設置の建設確認が不要との報道で値上がり率トップのサニックス <4651> など関連銘柄も買いが優勢となった。

 半面、国際帝石 <1605> 、JX <5020> など石油関連株は売られ、三菱商 <8058> など商社株も軟調。コマツ <6301> など機械株もさえない。三菱マテリアル <5711> など非鉄金属株や、古河電工 <5801> など電線株も下げ基調。トヨタ <7203> など自動車株も弱含みで推移した。みずほ <8411> など銀行株も下落し、三井不 <8801> など不動産株も安い。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、15業種が上昇した。

-------------------------------

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。