siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ993件目 / 全2597件次へ »

我々のビジネス魂は、死ぬまで戦うバーサーカー(狂戦士)だ!

 
7/11の日記です。




今日は帰宅後、ブランチをしてその時に録画していたガイアの夜明けを見て(特に面白い内容ではなかった)、ブログを書いた後、睡眠。15時過ぎまで3時間以上ばっちり寝ました。

それから30分ほどネットサーフィンして、それからいつもの筋トレ3セットと近所のジョギング1時間程度をやりまして、風呂に入って夕食を食べました。

一応今日やることはやったので、後は寝るだけです。




仕事のことなのですが、私は今の職場では勤続年数では、平では実質最長であります(10年以上やっているベテランも一人いるのですが、この人は出世は拒否しているようでなので、今回は話から外しました)。

ですので、順当に行けば(私は左遷されているので順当に行くとは思えませんが)次は私が出世する番ですが、私より半年ほど後に入った人が控えていて、この人がですね、何かにつけ私の悪口に近いことを言っている感じなのであります。

今朝のナンバー2の彼の勘違いから発した私への叱責も、その人の言動が元になっているのであります。

すぐ下の人が、すぐ上の人に対して批判的になるのは、これは自然の摂理のようなものなので、まぁ、私も現時点では怒りのような感情はあまりわいて来ないのですが、これを見逃していくとどこまでも付け上がってエスカレートしていくのは目に見えているので、どこかで釘を刺しておくことも場合によっては必要かなと(ただまだ左遷で異動したばかりなので、今喧嘩すると周りの人から白い目で見られるので、今はしませんが)考えております。

仕事の実力的には、私の方が明らかに上なので、ま、普通に仕事をしていければ問題ないのですけれども、それをさせてもらえないような状況に陥らないように、注意していこうと思います。




さて、今日の私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/)の株式相場ですが、少し売り込まれてしまいましたね。

個人投資家の長期投資による買いが着々と増えている中で、どう考えても売りでは勝てないと思うのですが、未だに売り(現物かも知れませんが)で勝負しようという人がいるんだと、少し驚いた次第であります。

一応私のブログ(複数あります)は、アクセス数の総合計は月間6万が公称であります。

ま、今日売った人が安値で買い戻すことは無理だと思います。




ボーナスシーズンが終わりに近づきまして、相場全体が売り込まれている部分はあるかと思います。

高値(?)で買わせたので、安いところで損切りさせようという動きではあると思うのですが、昨今は非正規従業員も増えてきてましてボーナス時期は関係ない人も多く、また先にも言いましたが、今の個人投資家は相場で儲けようというよりは、配当や優待を永遠にもらい続ける長期投資派の方が多い感じですので、多分ね、相場全体で見ても、売り崩しは買われるだけと、私は思ってます。




外資はアルゴリズム取引で相場に参戦しています。

これは死ぬまで戦うバーサーカー(狂戦士)であります。

単調に荒れ狂う者は、冷静に対処すれば何ら恐れることはありません。

レバレッジをかけず、購入時期を分散して(毎月の定期収入の中で)、どこまでも安値に買いを用意すれば問題なしであります(笑)




経済ニュースを、私は注意深く見ています。

外資の売り崩しに対して、誰が損切りをするのかと部分であります。

私はずいぶん見ているのですけどね、売り崩したところで、外資の株が国内の投資主体に買われてしまっているケースが、案外あるんじゃないかと思っているのであります。

自分で相場を安くして、自分で損切りをしてしまうケースが出てきているのではないかと、感じているのであります。

我が国は、依然世界第3位の経済大国であります。

決して弱者ではありません。

国内の投資主体は、案外したたかでありますよ。

しかも国内市場は我々の領土内(自陣)であります。

城攻めには3倍の兵力が必要という定石がある中で、外資はそれだけの力もって戦いを仕掛けたとは、どうもみても思えないのであります

この売り崩しは息切れすると思いますし、勝利が見えてきましたら、勝ち馬に乗ろうという人たちも出てくることでしょう(笑)







さて、一つニュースをご紹介しましょう。

ポールソン氏のファンドが多額損失、欧州危機へのポジションが裏目
[ニューヨーク 10日 ロイター] 米著名ヘッジファンドマネジャー、ジョン・ポールソン氏の傘下ファンドの多くが、欧州債務危機に対するポジションが裏目に出て、先月に大幅な損失を被ったことが明らかになった。



中略



ポールソン氏は、債務危機に苦しむ欧州に対して弱気のポジションを取っていたが、それが裏目に出て、損失を招く大きな要因となった。



しかし、ポールソン氏は、欧州首脳による努力は不十分だとして、長期的には弱気のポジションは適切だとの考えを示している。



http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86A01O20120711?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29&sp=true



要は、売りのポジションを取っていて損失が出始めていて、今後もなおそのポジションを継続しようというみたいなのであります。

見る人が見れば、これは典型的な負けパターンのような気がしないでもありませんが、ま、今回の主題ではありませんので、コメントは控えます。

私が言いたいのは、欧州危機に対し、ポジティブなポジションを取って勝っている連中が、少なからずいるということであります。

少なからずというか、もはや買い方が官軍になりつつあるという状況が生まれつつあるというのが、現状だと思うのであります。

中国が失速だの、今日の日経新聞ではインドが失速だの騒ぎ立てておりましたが、それでも成長率は5%をはるかに越えていますから、私は強気の姿勢は何ら崩す必要はないと考えているのであります。

日本は高度成長のあと、3%程度の安定成長を20年続けました。

新興国経済も、大筋ではこのように動くと、私は考えております。



さて、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/)のグループ会社アマナは、海外進出の準備を始めております。

場所は中国であります。

中には、この時期に中国に行くのはどうかという意見も一部であるようですが、私は「問題ない。着々と準備を進めて予定通りの進出を開始して欲しい」と考えております。

戦いは始まっているのです。

我々はもう、やる気しかございません!

死ぬまで戦うバーサーカー(狂戦士)とは、我々のビジネス魂のことでもありますよ(笑)



大丈夫ですよ。

長い目で見たら、今が一番の進出時期だったと評価されると思います(笑)

成功から逆算した準備が出来ているか、関係者にはそういう思考で動いて欲しいと思います!



さ、寝るまで少し時間があります、今日も写真雑誌「IMA」の創刊準備号(http://imaonline.jp/list/imamagazine)を読んで、楽しい時間を過ごそうと思います!







ところで話は変わりますが、、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )の写真好きの人のためのポータルサイト「IMA」が着々と拡充されておりますね。


先日は写真のコンテスト欄もUPされたようであります。

http://imaonline.jp/ud/contest


展示会・写真集・テレビ番組のコーナーのオープンに続きまして、かなり写真のポータルサイトの形になってきましたね(笑)





またグループ会社のアマナイメージズ(http://amanaimages.com/indexTop.aspx )では、ストックフォトのプレゼンテーション利用(社内外への資料作成)のために、超安価な定額制の利用方法を提案しています。

http://presenpic.com/about/



http://presenpic.com/guide/



棒グラフや手書きのイラストを加えただけの資料では、説得感がないとお悩みのあなた。

ぜひご利用いただけたらと思います

こういったイメージの扱い方は、エクセルやワードのように、遠からずビジネススキルの一つになることは間違いないと思います(笑)





そう言えば、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )は、1Q決算発表しておりますね(笑)
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20120508/7g3y41/140120120430021265.pdf



そして株価については、こちらは気長に待ちましょう。
企業が成長すれば、株価もいずれ大きく上がるのですからね。
長期投資優遇優待になっております。
100株を買って、資産株として持ち続ける、これがこの銘柄にあった一番の付き合い方だと、私は思います。
ただもしすでに長期に投資している方なら、100株だけだと少しもったいないような気もしますね?
せっかく良い企業だと気づいたのですからね(笑)

ところで、私の毎月3万円の株式投資 は非常に好調な状態であります。
改めて、投稿日3/3ですので、最新ではありませんが、私の毎月3万円の株式投資のポートフォリオをご紹介しておきます。

https://tagstock.com/#!/snap/siozukeeeeee/entry/1211


ちなみにポートフォリオを投稿したサイトは、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )のグループ会社、「アマナイメージズ」(http://amanaimages.com/indexTop.aspx )が運営 する写真・イラスト売買サイト「タグストック」(https://tagstock.com/ )であります。





ところで、現在アマナHD(http://amana.jp/ )のグループ会社、ポリゴンピクチュアズ(http://www.ppi.co.jp/ )が映像制作した「トランスフォーマープライム」(http://www.tv-aichi.co.jp/TF-prime/ )が絶賛放映中であります。
さらに別の手がけた作品も、すでに米国では放映が始まったようでありますよ。
こちらは「トロン: アップライジング」 だそうであります。
http://t.co/jRu3yHda



最初のエピソードも誰かがUPしたみたいです!
http://vimeo.com/42157672



アメリカ・カナダ・スペイン人から成る最強のクリエイティブ陣にPPIが全アニメーション担当しているとのことであります!








さて、話は変わりますが、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )でありますが、商品を見ても魅力的なものが増えてきております。
グループ会社のアマナイメージズ(http://amanaimages.com/indexTop.aspx )で言えば、

革新的なウェブ (ホームページ)制作のパノウォーク
http://amanaimages.com/satsuei/panowalk/index.aspx
音素材
http://amanaimages.com/sound/index.aspx
3Dモデリング 素材
http://amanaimages.com/3dmodel/index.aspx
フォントサービス
http://amanaimages.com/font/index.aspx
画像の売買サイト、タグストックのリニューアル
https://tagstock.com/

などが昨年の出来事であります。
わずか1年でこれだけの新規事業であります。

グループ会社のアマナ(http://amana.jp/amana/ )で言えば、ワークゼブラをM&Aしております。
http://www.workszebra.com/jp/

グループ会社のアマナインタラクティブ(http://amanainteractive.jp/ )においては、料理通信社をM&Aしております。
http://r-tsushin.com/

また持ち株会社のアマナホールディングス(http://amanaholdings.jp/ )は、ポリゴンピクチュアズをM&Aしております。
http://www.ppi.co.jp/

今後の業績が、私はとても楽しみであります。

また株式投資 は分散投資が基本ですから、このアマナHDも投資先の一つとして、欠かせない銘柄の一つだと、私は思います。

そして株主の皆様、アマナHDは長期保有優遇の株主優待となっております。
ぜひ末永く保有していただけたらと思います(笑)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/07/12(03:45)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。