天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3391件目 / 全3532件次へ »

NYダウ、史上4番目の上げ幅

791ca863c 

Yahoo!ニュースより以下抜粋。

-------------------------------

ダウ急反発、416ドル高=史上4番目の上げ幅〔米株式〕(11日)☆差替
3月12日4時20分配信 時事通信

 【ニューヨーク11日時事】11日のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した信用収縮への対応策が好感され急反発し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は史上4番目の上げ幅で5年ぶり上昇率となる前日終値比416.66ドル高の1万2156.81ドルで取引を終えた。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は同86.42ポイント高の2255.76で終了。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は、前営業日比3億3355万株増の19億4567万株。

 FRBは取引開始前、期間28日の新たな米国債貸出制度を総額2000億ドル(約20兆円)で創設すると発表。信用不安を背景に、住宅ローン債権を組み入れた債券(MBS)が値崩れを起こし、金融市場が混乱に陥っていたことを受け、金融当局みずからがMBSを引き受けることで市場の安定化を図った。

 MBSの値崩れが続けば金融機関の損失が拡大し、貸し渋りに拍車が掛かることは必至。市場では「新制度の導入で『負の連鎖』に歯止めが掛かる」(トムソンファイナンシャルの株式アナリスト、ロバート・カイザー氏)と安心感が広がった。

 米株式相場は過去3営業日、信用不安から銀行株を中心に大きく売り込まれていたが、発表を受け買い戻しが殺到、上昇に弾みが付いた。

 来週18日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され追加利下げが決まるとみられており、「短期的には上向きの流れが続きそうだ」(中堅証券)とみられている。(続) 

-------------------------------

今日の午前中は外出でニュースやザラ場が見れず、まだ記事を咀嚼しきれていないんですが、FRBが住宅ローン絡みの債権を担保に直接資金を供給する、要は債権市場への公的資金投入みたいなもの!?その枠は総額2000億ドルという事でしょうか。

何にせよ、市場が危なくなるとやっぱりちゃんと対策を打ってきますねえ。それにしてもすごいリバウンド・・・これで短期的にはまた上ですかね^^
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/03/12(12:55)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。