収益性
51
活発度
0
人気度
51
収益量
50
投稿量
61
注目度
0

ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ226件目 / 全342件次へ »
ブログ

優秀?方々の行動


今日本では財政再建(社会保障と税の一体改革)及び原発再稼働で世論は2分していますが、摺賢い優秀?なマスコミや未熟な政治家の方々は国民受けする理想論(政府方針に反対)を述べています。

しかし、本音では、酷暑に暑い思いをしたり、経済が衰退し、失業者や自殺、犯罪が多くなることは望んでいないのでは?

これはギリシャの方々と全く同一のように思います。要は利己主義だと思います。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
10件のコメントがあります
  • イメージ

    現状の底値圏の株価で空売りするのは、天井圏で買い煽りにのせられ株を買うのと同様のように思われます。

    結局個人投資家が酷い目にあいます。

     

  • イメージ

    日銀審議委員候補、朗報か?今後の日本の発展と繁栄に良い影響あるものと予想します。

    戦に勝つには敵の強味と弱みを熟知したリーダーか参謀が必要。

  • イメージ

    今日の朝日新聞の社説は今後の国内政治に大きく影響を与えるかもしれません。

    民主党が公約に揚げる新年金制度の創設と、後期高齢者医療制度の廃止について、撤回や棚上げ(国民会議等で協議)は増税先行という批判は筋違いというもので、今国会に提出されている7法案について、歩み寄りを歓迎するとのこと。

    野田首相方針及び国益にも合致します。

    恐らく今後、未熟な政治家は減少するのでは?

    民主党公約や国民の受けより、国民の為の政治(国益)が優先すべきと考えます。

  • イメージ

    今日の国会審議、内容的には野党の方々の圧勝(NK:50-100円の下げ効果有り?)ですが、品格では、野田首相の圧勝のように見えました。

    品良くした方が国民の評価が高くなると思うのですが?哀れです。

     

  • イメージ

    日本の政治もやっと棘がとれそうです。今後は、どのような展開になっても、期待出来ると思います。

    今後の政治にはほとんど影響ないものと考えますが、短期的には、教祖様について行く信者(未熟な政治家)がどの位の人数になるか、興味あります。

    歴史は繰り返すで、2つの「平成の西南戦争」もやはり政府軍の勝利に終わりそうです。

  • イメージ

    今晩の古館さんのTV、やっとまともなコメンテーターが出られました。

    その外国人の方は今、日本が消費税法案成立させ財政再建に取り組む姿勢を見せないと、世界各国の日本を見る目はさらに厳しくなり、政治への信頼を失い日本の国益を大きく損なう。

    また、世界は日本の動向を注視しており、消費税法案が廃案になった場合、危機状態にある、ギリシャや欧州に悪影響を与えるとのことで、私が6/6日に記載したのとほぼ同様の意見である。

    それでも、古館さんは納得出来ないようで、本当に困ったものです。

    国民に不評な意見は口が裂けても言わないようです。

  • イメージ

    昨晩のTVでの渡辺恒三さんのコメント、痛快でした。他の政治家や国民も同様の思いの方は多いと思います。

    今後は党派を越えて日本の繁栄、国民の為の政治が行われる可能性が高いものと考えます。

    変化の兆しはTVでのコメンテーターの変更?にも見られます。

  • イメージ

    今日の「みん株」で懐かしい言葉を見つけました。私が昨年の12/24、12/26に記載した内容とほぼ同様の内容です。嬉しく思います。

    この調子でいくと今年の流行語大賞は「撤退は有り得ない」かも?

    でも実際に使用したのは昨年だから今年の流行語大賞としては「有り得ないか」?

     

  • イメージ

    本日約1か月前に仕込んだ梅シロップが出来ました。沸騰させたので、1年位は保存可能なようですが、今後少しづつ薬だと思って飲みたいと思います。

    梅酒は飲めるまで、最低でも6か月かかりますが、梅シロップは1か月で飲めるようになります。

    株式投資は長期凍資状態のものがほとんどですが、1か月前から分割買い投資したもので、少しづつ良い兆しのものが出てきました。今後が楽しみです。

    今後は為替も重要ですが、金と新興国の株価も注視しています。

     

  • イメージ

    今日のTV 時事放談(野中&増田)は強烈でした。

    敵対する野党の国会議員が野田首相を絶賛されると言う、異例のことです。

    一方教祖様とそのお友達については強烈に批判されてました。

    やっと日本は20年来のもやもやが解消し、善悪を明確にし、良い方向に向かうものと予想します。

    通常の優秀な政治家であれば、多くの国民が反対する、消費税増税や原発再稼働など、自分の責任ではやりたくないものです。
    野田首相は、自分の責任と表明した上で決断され、あのように辛抱強く、誠意をもって、説得にあたりました。このような政治家は過去にもいないのでは?

    原発再稼働に関する安全性については説明不足かもしれませんが、今月末までには福島原発事故の原因究明等明らかになることから、国民の不安は少しづつ解消するものと予想します。
    当然調査結果は6/15日の政府判断に反映されているものと思われます。

     

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。