証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

元気を出して前向きに考えましょう。

今日は持ち株の決算の結果が予想に届かず、落ち込んでいます。他にも・・・・

でも持ち株については、受注状況はまずまずで、為替が円安になれば、上昇の余地は充分ありますので、継続保有することにしました。

朗報:

昨年の9月20日の日記で車の水害対策として、防水シート案を紹介しましたが、同様の目的の物が商品化されたようです。考えることは皆一緒です。自己満足しています。

私の様に優秀でない人間でも、ヒット商品?のアイデアを出せました。

日本を良くする為の前向きな提案をどんどん出しましょう。

但し、日本を衰退させたり、破滅させるような提案は厳禁です。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/04/26(23:28)

通報する

このブログへのコメント

1~8件 / 全8件

  • 通報する

    2012/04/28(11:51)

    素人の当たらない予想。(最近やっと、「ど」を抜きました)

    1.G.W中海外旅行に行かれる方々(日本国としても有益)にとっては、毎年のことながら、円高になり、喜ばしいことだと思います。

    今後は日本政府(他の一部の国も同調)及び企業の資産の有効利用により、資産の移転

    (米国債→世界経済の安定化、新興国の発展支援、日本及び各企業の将来の発展の為の投資に使用)

    が徐々に進み、ドル高、円安が徐々に進むものと予想します。米国にとっても、ある程度までの国債の金利上昇と先高感は株価上昇にも、住宅販売低迷対策にも有効と考えられる。(脱日本化)

    2.政治の混迷?

    小沢さんの判決については表面的には無罪ですが、判決文の内容からは、小沢さんにとっては、非常に厳しいものであったと思われます。

    従って、G.W明けには何事もなかったように、政治は粛々と進展するものと予想します。

    3.日銀の対応は既に織り込み済みで、逆にオーバーシュート気味であり、反転する可能性が高いものと予想します。

    4.政府の原発再稼働に向けた努力は、日本経済の低迷対策及び原油価格の上昇の抑制に貢献しており、頑張って頂きたいと思います。恐らく多くの国民は最終的には安全と地元住民の方々の了承が前提になりますが、電気料金の値上げより、原発再稼働止む無しを選択するものと予想します。

  • 通報する

    2012/04/29(11:05)

    投資の方は厳しい状態が続きますが、従来通り底値圏(一部は崖淵)銘柄をコツコツ買い増ししています。

    淡い期待ですが、一緒くたに売られた銘柄の中には良いものもあるように思われます。

    この勢いだとNK=8669円以下まで行くかもしれません。但しこれは4-5年後になることも考えられます。

  • 通報する

    2012/04/30(17:28)
    星さん
    支持率の低下は残念です。財務省の参謀レベルコメントなので
    少しきついかもしれませんが、、骨を拾ってやるではなくて、
    将棋で言えば銀将以上のリーダーは政略・戦略的な撤退も
    うまくなければなりません。
    というわけで消費税増税による国家財政増収策もあきらめないで
    頑張って欲しいと思います。

    防水シートできたのですね!
    素晴らしいアイディアです!更に、車の床下浸水対策として
    去年薩摩軍閥のWITH24さんの板で出したのですが、
    集中豪雨は、台風が湿った風を数百キロ離れた山岳地帯に
    送り込むことにより起きるようですので、
    そういう状況になったら以下の気象庁のアメダス風部隊が
    台風本部とは別に集中豪雨対策本部を作って報道してくれると
    うれしいです。日本では都市部は長州軍閥や群馬軍閥など
    例外を除いてほとんど沿岸部ですからね。
    縦割りだと統合作戦本部は難しいと思いますので
    別々でとりあえずは。。
    車の上部だけ防水しても下部が浸水しては努力も無駄に。。
    あと、”ど”脱却おめでとうございます。
    投資により少しでも家計を助けようと言う努力の成果ですね!
    ではでは tajima86
    http://www.jma.go.jp/jma/index.html
  • 通報する

    2012/04/30(23:47)

    tajima86さん コメントありがとうございます。

    >防水シートできたのですね!
    装着状態では私の案と同様に、水の中で車は浮いていました。但し、上面も覆われ、人が車に乗っていない状態を想定しているようです。私もこの方が正解だと思います。

    尚、価格は約15万円と高価で、同程度の仕様であれば、1/5-1/10程度にしないと売れないかもしれません。

    ”ど”脱却については、今後の展開によっては、復活の可能性”大”かもしれません。

    財政再建はイギリスの成功例では歳出削減:増税=7:3とのことで、同時並行で歳出削減も実施する必要があると考えます。尚、私の頭(髪)は6:4です。?

  • 通報する

    2012/05/02(17:27)
    星さん
    貴方が実名を名乗れる方であれば立派に日本軍閥は
    復活します。ではでは tajima
  • 通報する

    2012/05/03(10:16)

    tajima86さん コメントありがとうございます。

    お互いの、投資成果がでて、日本が少しでも良くなることを祈願します。

  • 通報する

    2012/05/03(11:01)

    私は日本復活のカギは案外、逆張りの中・長期の株式個人投資家の復活にあるように思います。

    現状は、株式投資を開始するには良い時期だと思います。

    私は、素人で未熟で、知識も無く、記憶力も悪い方ですが、何とかしぶとく投資を継続出来ています。

    私の株式投資方法はシンプルです。

    ①銘柄数は10以内(主に取引するのは3,4銘柄)

    ②必ず逆張りで、買う時は前日比で同値かマイナス、売りは前日比で同値かプラスの場合。利益確定も同一要領。

    ③必ず何度かに分けて、買い下がり、売り上がりで、分割投資を行う。

    ③損切は原則行わない。但し、次の場合はあり得る。

    ・その銘柄に異変が生じ、完全に将来性が損なわれると判断された場合。

    ・市場の変化等により、下落する可能性が高い場合で、仮に損切した後、再び分割投資した場合を想定し、大幅に損切した方が有利な場合。

    ④最も大事なことはその銘柄が、底値圏にあるのか高値圏にあるのかの見極めです。私が最も未熟なところ。

  • 通報する

    2012/05/05(06:47)

    5月は自分を含め、日本人の真価を問われる月になりそうです。

    ①野田総理には現状方針でぶれなく頑張ってほしいと思います。

    ②平成の西南戦争が勃発しそうな気配ですが、有能な方々が犠牲にならないことを希望します。

    ③政治家やマスメディアは高い志と国益を考えて行動してもらいたいと考えます。特に朝日新聞は最も肝心な時にとんでもない記事を載せ、政治や国民を混乱させ、国益を損なう事が多々ありました。(菅前総理誕生前の代表選要否決定直前の仙石氏のわずかな金額の不正報道等)

    追伸

    原油(WTI)が100ドル割れして絶好の株式投資のチャンスだと思います。私自身は投資余力が少ない状態ですが、コツコツ投資を継続したいと考えます。

    特に、今まではマイルールを決めていたにも関わらず、欲と弱い意志により何度も破っては、後悔してきました。(特に②の必ず逆張りで、買う時は前日比で同値かマイナス、売りは前日比で同値かプラスの場合。利益確定も同一要領。)

    今後は公表したことで、守れると予想しますが、真価が問われます。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

ニッパチの星さんのブログ
トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+16.0%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

77.5 22.5
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,360.54

▲ +85.55

TOPIX

1,477.20

▲ +10.24

JASDAQ総合指数

118.66

▲ +0.19

米ドル/円

114.06

▲ +0.20

ユーロ/円

122.79

▲ +0.23

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ