収益性
0
活発度
46
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ149件目 / 全1049件次へ »

ギリシャ懸念遠のく

8日の日経平均は、9,768.96+192.90雲、基準線の上、転換線9687を回復。ボリンジャープラスσの上。MACDRCIは下げ止まり。予想外に大きな上昇を見せた。ただ、月足の基準線9771はまだ抜けておらず、長期の基調転換を巡る攻防が続いている。この水準での抵抗は、かなり大きいはずだが、うまく抜けてくれば、長期の基調も明るくなる。

NYダウ12,907.94+70.61雲、基準線、転換線12895を回復。ボリンジャー TP 12891も奪還。MACDRCIは下げ渋り。目先の節目を回復しつつあるところだが、上昇の勢いを完全に取り戻しているわけではまだない。ただし、週足、月足では、上昇基調が維持されており、調整があっても、目先の一服という状況にあると思われる。

ドル円81.59+0.50雲、基準線、転換点の上、ボリンジャープラσの上、MACD,RCIは、頭打ち。目先は、上昇基調を維持しているが、ボリンジャーバンドが、狭まってきており、上昇の勢いは弱まりつつある。中期も上昇基調にあるが、月足の基準線は85.11にあり、まだ長期のトレンド転換には至っていない。ただ、月足のMACDRCIは上昇し、下降トレンドラインを上に抜けた印象もある。目先の調整があっても、しばらくは、ドル高の方向が、続くのではなかろうか。

ギリシャの債務削減を巡る交渉が、妥結したということで、ダウは上昇。日経平均も予想外に早期の上昇を示している。ドル円もドル高基調を維持しており、そろそろ調整が入ってもおかしくない時期なのだが、なかなか調整に入らない印象だ。雇用統計の数字は気になるが、今のところ予想は強気のものが多いようで、もしアメリカの雇用の拡大が、続くようであれば、ドル高株高の流れは、もう少し持続するかもしれない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/03/09(06:40)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。