収益性
44
活発度
0
人気度
53
収益量
49
投稿量
55
注目度
49

東京228堂さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ49件目 / 全273件次へ »
ブログ

2月25日 投機マネー・原油に再流入

TOPIX 1,355.54 +34.17
日経平均株価 13,914.57 +414.11

アメリカの重要経済指標街で様子見かと思っていたのですが、
日経平均は414円と大幅反発。ファンドや年金が買いにまわったとか
言われていますが、出来高22億4046万株、
売買代金2兆6284億円とイマイチ盛り上がりに欠けます。
新興市場とREITも上昇なのですが、日経平均ほどの上げ幅ではありません。
為替は対ドル107円後半、対ユーロ159円中盤とユーロでの円安が目立ちます。

中国市場は
香港 ハンセン指数 23,269.14 -35.90 -0.15%
中国 上海総合指数 4,192.53 -177.75 -4.07%

インド市場は
ムンバイ SENSEX30種 17,650.57 301.50 +1.74%
インド NIFTY指数 5,200.70 89.95 +1.76%

ベトナム市場は
ベトナム VN指数 715.04 27.94 +4.07%
今日のアジア市場は中国本土以外はそこそこ堅調な印象です。

ドバイ市場は
DFM Index 5,924.35 +39.11 +0.66%

2月21日の日経新聞に<投機マネー・原油に再流入>という記事が
掲載されていました。
『年初初めて100ドルを突破して以来、米景気の不透明感から下落を
続けていたニューヨーク原油先物相場が19日、再び1バレル100ドルを
超えた。米国市場では大豆先物なども終値で最高値を更新。
世界経済の減速にもかかわらず原油高が進む背景には、米景気後退と
インフレ懸念の同時進行がある。景気テコ入れへ利下げを続ける
米国の金融政策がドル資産離れを招く一方、インフレに強いとされる
原油や金などに投機マネーが流入する傾向が再び強まってきた』

同紙の<市場の見方>でも
岩間剛一氏(和光大学教授)『120ドルまで上昇も』
ティモシー・エバンズ氏(原油アナリスト)『今年の平均80ドル』

また大和総研試算で<東証一部総営業益 10ドル上昇で0.5%減>と
企業業績にも悪影響が出そう。

個人的には100ドルが目いっぱいで、あとは80~95ドルくらいで
ボックス圏を形成するのではと根拠もなく思っています。

それでは今日はこれで失礼します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    こんばんはー東京228堂さん

    >日経平均は414円と大幅反発。ファンドや年金が買いにまわったとか
    どうなんでしょう。。。
    今がんがん買ってほしくない感じが。。。(^^ゞ
    爆発的に買われると逆に不安になってしまう感じがありますねぇ。。↑心配しすぎ??

    >個人的には100ドルが目いっぱいで、あとは80~95ドルくらいで
    120ドルまではあると思うんですけど、
    80~95ドルレンジもみ合いのほうがみやすいんですけどね。。。
  • イメージ
    やっぱり120ドルはありえるんですか。
    そう考える方が多いかもしれませんね。

    原油よりも小麦とか鉄鉱石にいくのかなぁと
    根拠なく考えていたのですが、
    やはり原油強しかなぁ?
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。