あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ931件目 / 全1067件次へ »

ブランドの名の下に。

ブランドは企業の顔。 
特に消費者を相手にする企業はブランド戦略がマーケティングの根幹となります。 

ってな訳で、ブランドのお話。 

松下電器の長年の課題に、ブランド名があります。
 社名:松下電器産業
 白物ブランド:ナショナル
 デジタルブランド:パナソニック
と言わば顔が3つもある状態でした。
それを統一すべく、社名をパナソニックに変更するとのニュースは既に知れ渡っています。

日の丸家電メーカーはシングルブランドが多いようです。
ソニー、シャープ、日立…。いずれも社名とブランド名が同じ。

一方、自動車メーカーに目を向けてみますと、
トヨタ:
 大衆車トヨタ
 高級車レクサス
 販売店も入れると
  ネッツ、トヨペット、カローラ店など。
ホンダ:
 大衆車ホンダ
 日本以外の高級車アキュラ
 (販売店はベルノやプリモなど複数ありましたが、
  今はホンダ・カーズに一本化)

何も日本だけではありません。
GM:
 シボレー
 キャデラックなど
フォード:
 フォード
 リンカーンなど

国内外を見ても、マルチブランドが多いようですね。

家電と自動車でこうも違うのは興味深いです。
やはり車はステータスシンボルとして考える人も多く、
大衆車と高級車を分ける必要があったのかもしれません。

一方、家電は大衆と富裕層で使う価格帯がそんなに差はなく、高価な電化製品を持っていてもイマイチステータスとしてアピールできないのかもしれませんね。

という訳で、家電の場合は複数のブランド広告を出すには採算が合わない。
長年の愛着がある中、松下電器の苦渋の決断でしょう。

となると、そのうちパナソニックのロゴの付いた冷蔵庫が出るのでしょうか?
松下電器のブランド戦略はまだまだ続く…。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ブランド
登録日時:2008/02/07(21:01)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2008/02/07(22:44)
    あさっての投資家さんへ こんばんは
    パナソニックのロゴのついた冷蔵庫。鋭いですね。
    なんか、冷えそうですよ。
    でも、こうして、松下の名前が出なくなって、パナソニックの名が行き渡った頃、あー、そんな時代もあったよね。と、なるのでしょうね。
    結構、何気なく使っていたけれど、
    ブランドって、大事なんでしょうね。
  •  通報する

    2008/02/09(09:22)
    ハンドミキサーさん、コメントありがとうございます。

    > パナソニックのロゴのついた冷蔵庫。鋭いですね。
    > なんか、冷えそうですよ。
    確かに、ナショナルの冷蔵庫より冷えそうなイメージを持ってしまいますね。

    ナショナルはやや温かみがあるイメージ、
    パナソニックは鋭いイメージを持ってしまうのは、今までのブランド戦略の現れでしょうか…?
    興味深いところですね。
  •  通報する

    2008/02/09(22:25)
    こんばんワぁー 。.:*:・'゚~☆ 彡

    ”ブランド”ってメーカーが創るものですか?
    ユーザーが創らないと”ブランド”にはならないような気がしますが・・・。
    どうなんでしょ??
  •  通報する

    2008/02/09(22:58)
    GT-Rさん、コメントありがとうございます。

    >”ブランド”ってメーカーが創るものですか?
    メーカーがブランドを仕掛けて、ユーザーが認知して初めてひとり立ちするのかもしれませんね。

    その影で消費者に認められず、多くのブランドが姿を消していった事を考えると。

    (的外れな事言っていたらごめんなさい)

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。