株太(ちゅうた)さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ27件目 / 全38件次へ »

日本政府中枢の会見

【前説】
官房長官の会見では、株式市場を見守っていくとのこと…
見守るという事は、普通に考えれば何もしないで見ているということです。
これでは日本の株価が下がるのでは当然でしょう。
政府のやる気がまったくないと外国人も含めた投資家の目には映るからです。

何もマーケットに対してではない。
直接私は、政府が市場介入しろと言っている訳ではない。
日本国民が貧富に関わらず、幸福感を感じるような国にしろという事を偏差値の高い人達に言いたい。
そうすればおのずと株だけでなく、日本人の心もまともなところに落ち着くものと思います。

【本題】
昨日までは外部要因、特にはサブプライム問題ついて書いてきましたが。この問題よりも更にもっと問題な、今日は日本の内部問題について。日本はスタグフレーションの兆候があったにも関わらず指標には表れませんでした。

当然です。食品が値上がりしても、IT・デジタル家電が日本のCPI(消費者物価指数)を押さえ込んでいたのです。それが原油先物の高騰により、やっと事実が伝わったのです。政府や官僚連中は当然わかっていたはずです。経済素人の私がわかったぐらいですから。。

こんな背景を抱えながらも、冒頭のように『見守る』なんていうことを言われるとねー。
それに輪をかけて、国民の血税の上に胡坐を官僚にかかれては、外国人から見たら日本のような資金を効率的に使えないような国に投資は出来ないと判断する可能性があるに決まっている。まるで経済大国ながら、社会主義の国に見えることでしょう。

外国人特に、欧米の投資家はサブプライム問題に絡み損をしているから当然、その穴埋めで利がのっている日本株を売りさばくのは当然のことですね。グローバル化ですから、もっと効率の良さそうなところに行くでしょうね。それもワールドクラッシュがなければの話ですがね…(ないことを願います
登録日時:2008/01/07(21:26)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。