収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2315件目 / 全3681件次へ »
ブログ

2010年振り返りと2011年展望

皆様、2011年、明けましておめでとうございます。昨年は幸いにも大幅プラスで終われた良い1年でしたので、今年もそれが続くように取り組みたいと思います。このブログも「継続は力なり」で変わらずコツコツと続けていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。

明後日はもう大発会で2011年の相場が始まりますので、まずは昨年同様に2010年の振り返りと2011年の展望をつらつらと書いてみます。
【2010年の予想と結果】
・実体経済の低迷から、日経平均、新興指数共に年初は伸び悩み
⇒当り。1月後半から2月にかけては下げましたよね。
・年中盤くらいから世界経済の回復期待&円安で上昇に転じる
⇒外れ。3月から4月にかけて一気に上昇した後は、欧州PIGS危機で転落しました。
・個別銘柄の選別は継続、新興国関連、民主党関連が上昇
・新興国関連は、インフラ、自動車、資源あたり!?
・民主党関連は、環境、医療、介護あたり!?
⇒これは外れかな。何か特定の銘柄というより、相場全体にボラティリティが高かった感じがします。新興国関連では、インフラ系は最近また盛り上がってますが、自動車や商社なんかは株価は上がってないですよね。内需では、SNSとかクラウドとかスマートフォンとか、その辺だったでしょうか。民主党はずっと迷走迷走で・・・関連で上がったのって何かありましたっけ!?
結果は1勝2敗という事で・・・相変わらず当りませんなあ。昨年は為替が円安傾向と読んでいたので、完全に見誤っています(^^;
一応、懲りずに2011年も展望しておきますと、
・2010年と変わらず先進国は低成長、新興国は高成長が継続。
・米国、日銀の追加金融緩和以降の金余り状態が継続。ドルが売られ、為替は対ドル円高傾向が続く。
・溢れた資金が新興国に流入し、株価、不動産などが上昇。成長VSインフレの戦いへ。
・欧州のPIGS問題は引き続きくすぶりそう(今年はPとSか?)。日本の財政問題も要注意。

という事で、月並みですが株価的には先進国<新興国。昨年末にけっこう上昇しているのと、最近楽観論が増えてきているので(笑)、年初に躓きはあるかもしれませんが、大きな方向としては上と見て良いんではないかと思います。

個別の日本株では、子ども手当増額で子育て・教育関連、あとはTPPの議論で恩恵を受けそうな輸出関連(もし円高が止まれば+αもありますし)あたり注目ですかね。相変わらず外需かよという感じもしますが、内需は拡大する要素が現状なく、基本は新しいビジネスかサービスを提供する会社を個別に狙う・・・というスタンスになるんじゃないでしょうか。

個人的には、今年はリスク分散を更に進める年にしたいなと思っています。現状、日本株8 対 海外ETF2の資金配分ですが、今後2~3年のうちに海外ETFとそれ以外の外貨MMF、REITなども含めて3割から4割に上げたいなと思ってます。
最後に今年の注目銘柄ですが、現在注目しているのは、3715 ドワンゴ(ニコニコ動画黒字化で大化け!?)、2124 JACリクルートメント(→雇用流動化関連、これはポジトークですが)、3768 リスクモンスター(中国・アジアへの事業エリア拡大期待)の3銘柄です。ちなみに昨年の結果はと言うと、
3390 USシステムズ  5000円 ⇒ 7150円(+43%)
7722 国際計測器   430円  ⇒ 644円(+50%)
8253 クレディセゾン 1044円 ⇒ 1335円(+28%)
となかなかの成績でした(^^)v まあ、去年は売られすぎ銘柄はどこも買われてましたから、相場環境が良かっただけという話もありますけどね。投資は自己責任でお願いします(笑)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。