サイコさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14件目 / 全253件次へ »

電池切れ


   にほんブログ村 法律系資格   現在 44位    士業  (弁護士、会計士等)   現在 25位えー、もともとこちらのブログでは株の話を中心に書いていたのであるが、一昨年くらいから調子の悪いブログがあって、こちらをメインにしてきたわけなのであるが、まぁ、本日は久々株にも絡む話ということで。「労働の組織化」にあって、資本をいかに活用するかの戦略のなかで消えていく存在がある。三洋電機は能天気に、「お米からパン」を作るホームベーカリーGOPANを開発した。しかし、こんな画期的なものが、後半年で「SANYO」ブランドとしては販売されなくなるのである。一昨日、パナソニックは、子会社である三洋電機を完全子会社化することを発表した。これによって、来年度からは全てパナソニックというブランドになってしまうわけである。まぁ、こうなるとこの「ライスブレッドクッカー」を「SANYO」ブランドとしてのプレミア付きで買うのには、10/8に家電量販店に並ぶか、ネットショップで買い占めて、オークションで売り飛ばす、ということになろうか。まぁ、そんな余談はさておき、パナソニックは9000億円かけてTOBするということなのだけれど、その調達コストの半分を株式の増資で賄うため、先読み筋によってパナソニックの一昨日の株価は暴落であった。反転、昨日は+65の1142円で引けている。今回、順張りで売っていたサイコはまたもや大負けである まぁ、長い目でみれば、「SANYO」の宣伝広告費は当然浮くわけであるし、と言っても05年の数値なのだが宣伝広告費は約150億円なので、まぁ、親会社にとっては微々たるものか。でも、「SANYO」の去年度の経常損益が300億円くらいだとすると、半分ほどに損を圧縮できるような計算であるから、それだけでも子会社としては助かるような感じである。まぁ、それと三洋の市場シェアをゼロ化して、そこに統一パナソニックというブランド戦略を仕掛けるわけでもあるから、市場占有率アップ=経常利益増ではないにしても多少の寄与は期待できるということか。まぁ、後は、資産の切り売りで9000億円をチャラにしようということだろう。それでも軒並み、格付け会社による社債のランクは下げられていたりするのに、日経平均も下げていたのに昨日は大幅反発である。わからん。まぁ、兎に角、「SANYO」ブランドは家電売り場から消えてなくなるわけである。まぁ、三洋電機といえばエネループで息を吹き返したかにみえたのであるが、パナソニック傘下に入って、結局美味しいところを持ってかれたことになる結果のように思う。まぁ、上述の「ゴパン」なんてのはほんとに最後っぺ的な粋を感じてしまうので、ついつい最初に紹介してしまったのであるが、企業の生き残りというのも実際厳しいということである。うーん、いやおぼろげに不安の雲を思い描いてしまっているのであるが、景気のてこ入れをなんとかして欲しいものである。しかし、国会は空転するのか? 何か新しい充電方法を編み出して欲しいね。グゥーーー  じゃないよね
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/07/31(09:47)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。