天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2354件目 / 全3532件次へ »

2010年7月28日(記録のみ)

日経平均 ; 9760.31 (+263.46)
TOPIX ; 865.51 (+19.39、4日続伸)
JASDAQ ; 51.07 (+0.14、4日続伸)
マザーズ ; 404.10 (+5.98、4日続伸)
ヘラクレス ; 603.19 (+9.04)

本日は記録のみ。激しく出遅れていた日本株でしたが、結局は為替次第という事が分かる1日でしたね。円高による負の影響も徐々に織り込まれつつあると思うので、あとはアク抜けを待つのみでしょうか。

-------------------------------

[株式市場]四半期決算の発表に円安など加わり後場一段高
7月28日(水)15時26分配信 サーチナ

 28日大引けの東京株式市場は後場一段高。欧米株式の続伸に加え、円相場の反落幅が広がり、対ユーロでは1ユーロ114円台になったため、輸出銘柄の業績拡大期待が拡大。四半期決算の発表本格化もあり、東証1部の値上がり銘柄数は1396銘柄(約83%)に達した。

 日経平均は朝から堅調で急反発。後場は一段高となり、大引け間際に9760円31銭(263円46銭高)まで上げ、大引けも9753円27銭(256円42銭高)。

 東証1部の出来高概算は19億1991万株、売買代金は1兆3001億円。1部上場1673銘柄のうち、値上がり銘柄数は1396(前引けは1218)、値下がり銘柄数は180(前引けは272)銘柄。また、東証33業種別指数は32業種が値上がりし(前引けは全業種)、値上がり率上位の業種は保険、その他金融、不動産、水産・農林、鉄鋼、精密機器、証券・商品先物、電機機器、卸売り、銀行など。一方、値下がり業種は空運のみ。値上がりの鈍い業種は電力・ガス、鉱業、陸運、小売り、医薬品、繊維製品などだった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/07/28(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。