たくちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ6件目 / 全7件次へ »

内閣府が27日発表

内閣府が発表した「がん対策に関する世論調査」によると、がん検診をがんの早期発見・治療につながる「重要な検査」とする回答が94.7%に達する一方、過去2年以内に実際に検診を受けたとする人は30%台にとどまることが分かりました。

がん検査は、尿便検査や血液検査から内視鏡やPET検査、マンモグラフィー検査など多岐にわたります。

苦痛なく全身を一度に検査できるがん検査として注目されているPETは、体内で起こる代謝や血流などの変化を測定し、がんを診断する方法です。

ブドウ糖の代謝をみるFDGという薬を投与しがん細胞の分布を測定、特に早期発見にその効果を発揮します。また、乳がん検査については、早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴える 「ピンクリボン運動」が行われており、マンモグラフィー検査の導入が推進されています。

関連する株に注目したいと思います。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/28(01:07)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。