映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ513件目 / 全1046件次へ »

目先調整入りか

16日の日経平均は11102.18(-171.61)。大きく下げ、雲、基準線10998の上だが、転換線11221を大きく割り込んだ。ボリンジャーはプラスσを下抜けてTP11041のすぐ上まできており、MACD RCIは下降。週足雲、週足基準線10242、週足転換線10710上、週足ボリンジャープラスσ11035をなんとか保っている、週足MACD 週足RCIはなお上昇。調整のめどとしては、日足基準線の水準10998、ボリンジャーのマイナスσ10830、週足転換線10710あたりが考えられるが、これをきってくると、中期的にも調整にはいりそうだ。ただ日足の騰落レシオはまだ130で高く、一定の水準になるまでの調整は避けられないであろう。

ダウは11018.66(-125.91)と大きく下げたが、雲、基準線10830、転換線10999はまだかろうじて維持しており、ボリンジャーもプラスσ11006の近辺。週足雲、週足基準線10416、週足転換線10627はまだかなり下にあり、週足ボリンジャープラスσ10901もかろうじて維持している。週足MACD 週足RCIはまだ上昇過程。まだ日足、週足の節目を割り込んできてはいないので、トレンド転換とは確認できないが、日足転換線、プラスσは風前の灯になってきており、目先調整にはいる可能性が大きくなってきている。

ドル円は92.17雲90.95の上だが、転換線93.43、基準線92.30の下。ボリンジャーはTP92.34も下抜けてきている。MACD RCIは下落。じわりと円高方向に動いている。週足雲の下限92.71も下に割ってきており、週足ボリンジャープラスσ92.67も下抜けたところ。目先の節目は下ぬけてきているため、週足転換線91.39あたりまでは下げてきてもおかしくなくなっている。ここをきってくるとさらに円高加速の危険もあるが、下値をきりあげてきている上昇のトレンドラインが支えになるかもしれない。

NYはゴールドマン・サックスの詐欺容疑の報道で、大きく下落。すでに円高方向の為替で、大きく下げている日本株には、つらい材料だ。中期の節目がまもれるかどうかが注目だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/04/17(07:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。