天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2477件目 / 全3532件次へ »

2010年4月13日(記録のみ)

日経平均 ; 11161.23 (-90.67)
TOPIX ; 988.44 (-6.34)
JASDAQ ; 54.65 (-0.42)
マザーズ ; 482.19 (+2.26、5日続伸)
ヘラクレス ; 677.51 (-2.43)

Yahooニュースより以下抜粋。今日も3778 さくらインターネットが大幅続伸、一気に12万円を突破しました。前日夜、先陣を切って発表された米アルコアの決算は市場予想を下回り、やや不安の残る決算シーズンスタートになりましたが、株価が高値圏にあるだけに、今後も続く決算発表にはちょっと警戒しておいた方が良さそうですね。

-------------------------------

日経平均大引け:3日ぶりに反落、円高進行で輸出関連株が軟調に
4月13日(火)15時50分配信 サーチナ

 大引けの日経平均株価は90.67円安の11161.23円、TOPIXは6.34ポイント安の988.44ポイントで終了。東証一部の値上がり銘柄数は437、値下がり銘柄数は1130、出来高は概算で23億7338万株、売買代金は概算で1兆5093億円でした。

 13日の東京株式市場で、日経平均株価は3日ぶりに反落しました。大引けは前日比90円67銭安の1万1161円23銭でした。米非鉄大手アルコアが日本時間早朝に発表した1~3月期決算で売上高が市場予想を下回ったことから景気回復期待がいったん後退した形です。日中は中国などアジアの株式市場が軟調に推移したほか東京外為市場でドル・円相場が1ドル=92円台後半へと円高に振れたことなどから輸出関連株中心に売られました。円は対ユーロでも1ユーロ=125円台後半に上昇し、株価の足を引っ張りました。株価指数先物安も現物株指数の下げにつながりました。

 商船三井 <9104> など海運株が三菱UFJ証券の格下げに売られ、トヨタ  、ホンダ <7267> が売られ、ソニー <6758> 、コマツ <6301> などが軟調展開となりました。主力の内需株でも軟調なものが目立ちました。三菱UFJFG <8306> 、みずほFG <8411> 、三井住友FG <8316> などメガバンクが売られ、ファーストリテイリング <9983> が大幅安、NTT <9432> 、ソフトバンク <9984> などの情報通信株、住友不動産 <8830> などが下げました。

 半面、第一生命  が5日続伸。途中マイナスの転じる場面がありましたが、大引けにかけ買い直さました。GSユアサ <6674> が出来高急増ともに急伸。石川製作所 <6208> も急伸し、黒崎播磨 <5352> など値動きの軽い材料株の一角も堅調展開となりました。(編集担当:佐藤弘)

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/04/14(22:28)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。