くらくらさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ27件目 / 全37件次へ »

「土鉄の計」。

 
 さあ、この冬!皆さんはどのような投資を考えますか?

 SPローンの余波を考えて、自粛するのも一計ですよね。
相場は回復すると見る方もいますが、私はそんな甘くはない
と判断しました。

 そこで私の計略は、その名も「土鉄の計」。
まさに鉄壁の守りに加え、時に応じて攻める策です。

そもそも円高とは?ドルは安いが、円が高い。そもそも円と
は?日本。日本の何なのか?GDP?企業力?政治力?国力
?いいえ。そうではありません。日本のそのもの自体なので
す。日本そのものとは?日本の国土なのだと気づきました。

 そう。もう賢明な読者はお気づきのことでしょうが、不動産です。円高=土地バブル。もう20年前に起こったことが繰り返されるのだという結論に辿り着きました。そもそも、円高により国力評価は、上がったと理論上言える訳です。

 ここ最近、私は「守り=鉄」のスタイルに拘りましたが、ここでさらに「土」を加えたエボリューションスタイル。

 まだこれは序論ですが、(というより模索中・・)続きはまた明日書きたいとおもいます。キーワードは「土」と「鉄」!!この冬はがっちり守りながら、あわよくば利益を狙うスタイルでいこうと考えています。スタイルがなければ、来年の初日の出は清清しきものでなくなるでしょう。

 さあ、この超自己中で、よくわからない計略がどうなるか?また明日暇なら見て下され。。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    「土鉄の計」。
登録日時:2007/11/15(23:01)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2007/11/15(23:13)
    かなり同感です。
    定点観測は続けますが取引銘柄も取引回数も春まで少なくなると思います。
  •  通報する

    2007/11/16(16:28)
     
     「火中の栗でも拾って食う」くらくらです。

    今冬の守りながらの攻めについて、頭を悩ます毎日です。

    「土」についてもエロエロ調べましたが、まだ良い銘柄や方向性がはっきりとそていません。

     しかし「土」にて強固な城を築き、暮れはその中でポカポカと過ごすつもりでいることは確か。
    ギャンブラーと銘打つ私は、出ない日でも打ち続けます。

     そのための「土」勝負。もう少し探求します。
    いい土が出ましたら、また報告します。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。