ぎっくりさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ75件目 / 全86件次へ »

6時間走ったあとに何が残ったのか?

 今NHKでアメリカで遺伝子組み換えにより6時間走り続ける
 マウスを"造った"というニュースが流れた。
 細かいことはわからないしわかりたくないがひとつだけ
 理解できることはマウスがあまりにも"哀れ"だということだ。

 我思う
 彼は何を思い走っていたのだろうか?
 6時間後脱落していくとき何を思ったのだろうか?

 そしてこのニュースはこう締めくくられた。
 開発者はこう言ったという。
 "この技術を人間に使うことは慎むべきだ"と。

 今週頭にMy株をストロングホールドすると書いたが
 本日あっさりと一部銘柄を残し手仕舞いにした。
 理由は"とにかく気持ち悪い"から。
 まぁ今年分の利益はほぼ出たのでちょっと"隠居"します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    遺伝子組み換え
登録日時:2007/11/06(21:42)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2007/11/06(23:05)
    こんばんは

    >この技術を人間に使うことは慎むべきだ

     最終的には、この利用用途に行き着くのではないでしょうか。研究というのは、実用、非実用いろいろありますから、この開発者も、特に実用面の想定はせずに実験しているだけでしょう。

     市場の空気が不穏ですので、退避するが上策かと思います。何事も無くても「気持ち悪い」だけで、日常生活に支障がでますし。堅調な場はいつになったら戻るのですかね
  •  通報する

    2007/11/07(13:04)
    既に500匹いるとかいないとか…
    研究も目的がどこの記事を読んでもわかりませんでした
    うーん

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。