収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2617件目 / 全3578件次へ »

イー・アクセス、イー・モバイルとの経営統合計画の検討期間延長

Yahoo!ニュースより以下抜粋。IRのリンクはこちら(→リンク)。

-------------------------------

イー・アクセスとイー・モバイル、経営統合のための契約を延期
1月21日11時52分配信 RBB TODAY

 イー・アクセスとイー・モバイルは20日、「経営統合に関する検討状況のお知らせ」と題する文書を公開し、経営統合のための契約(株式交換契約)を延期することを発表した。

 両社は昨年12月7日に、経営の統合を発表。1月中旬を目途に、最終的な経営統合比率をはじめとした本経営統合の詳細につき決定・合意した段階で、両者間で正式契約を締結する予定としていた。

 イーアクセスの社外取締役のみで構成する独立委員会が、新たに独立委員会のファイナンシャルアドバイザーとしてグリーンヒル・ジャパンを、独立委員会のリーガルアドバイザーとして西村あさひ法律事務所を選定。またイー・モバイルにおいても、同社のファイナンシャルアドバイザーとして新たにドイツ証券を、リーガルアドバイザーとして引き続き長島・大野・常松法律事務所を選定し、「統合に向けた交渉と統合効果(シナジー)の検証を継続する」とのこと。今回の契約延期は、外部アドバイザーのサポートを得ることで、検討プロセスの透明性と公正さをさらに高めるのが狙いとのことで、引き続き株主利益の極大化に資する有効な方策を検討・実施していくとしている。

 両社は昨年12月時点では、最終的には2010年3月31日での経営統合を目指すとしており、経営統合の方式は、イー・アクセスが株式交換完全親会社、イー・モバイルが株式交換完全子会社となる株式交換により行われる予定。

-------------------------------

記事と合わせてIRも読みましたが、「当社(=イー・アクセス)株主の利益」という言葉が連呼されていましたので、基本的に良いニュースと考えていいんじゃないでしょうかね。以前このブログでも取り上げた通り(→リンク)、見た目に明らかに不利な交換比率は物議を醸していましたので、会社側としても無視できなくなったのかもしれません。前回の交換比率で統合したとしても、イー・モバイル株主のGSにとっても以前買った価格より安く評価されていたわけですから、スキーム自体の見直しの話が出てくるかもしれませんね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/01/21(23:48)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。