天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2621件目 / 全3532件次へ »

2009年12月7日(記録のみ)

日経平均 ; 10167.60 (+145.01、6日続伸)
TOPIX ; 898.93 (+9.35、6日続伸)
JASDAQ ; 46.70 (+0.31、3日続伸)
マザーズ ; 404.15 (-2.06)
ヘラクレス ; 550.09 (+8.49、6日続伸)

最近色々と忙しくて、更新が全然追いつきません(^^; という事でかなり遅れてますが月曜日の振り返り。引き続き、円安での買戻しが続いていたようです。私の所有銘柄はほとんど恩恵受けてませんが。。。

-------------------------------

株式市場は輸出関連株を中心に堅調、日経平均は6連騰し1万円台固め
12月7日(月)15時42分配信 サーチナ

 7日の東京株式市場は、1ドル90円台への円安を好感して、日経平均は6日続伸。一時181円99銭高の1万204円58銭と10月28日以来1万200円台を回復、その後は円安一服とアジア株の軟調展開から買いを手控えとなり、大引けは145円01銭高の1万0167円60銭となった。

 東証1部の出来高概算は21億3023万株、売買代金は1兆3999億円。東証1部上場1685銘柄中、値上がり銘柄数は1038、値下がりは499。また、東証33業種別指数は、空運、その他製品、海運、石油石炭製品、機械など29業種が上昇。パルプ・紙、小売り、情報・通信、電気・ガスの4業種が下落した。

 11月の米雇用統計で雇用の改善が示され、円安となったことを受けて輸出関連の主力銘柄が全体を牽引し、日産自動車 <7201> が約4カ月ぶりに年初来の高値を更新、三菱商事 <8058> は連日高値を塗りかえ、コマツ <6301> や、キヤノン <7751> も年初来高値を更新と買われるなど、主力株の一角が力強い動きを見せた。

 また、投資判断格上げの大阪チタニウムテクノロジーズ <5726> がストップ高、日本航空 <9205> が融資に関する政府保証の前進観測から続伸、富士通 <6702> などは自治体の経費を数割削減するクラウド本格化を手がかりに堅調となるなど物色意欲は旺盛で、海運株、建設株なども全般堅調に推移した。

 半面、ファーストリテイリング <9983> が軟調でディー・エヌ・エー <2432> は続落など、前週の円高局面で上値を追った銘柄は利益確定売りに冴えない展開となる銘柄が目立った。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)


-------------------------------



 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/12/07(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。