agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ9474件目 / 全25319件次へ »

大手ゼネコンが値下がり率上位・「ドバイ危機」で売られる



大手ゼネコンが軒並み大幅安。大成建設(1801)が東証1部値下がり率1位、鹿島(1812)が同2位、清水建設(1803)が同3位など。

「ドバイ危機」が売り材料。日本の大手ゼネコンは、不動産開発会社ナキールが発注した大型工事を積極的に請け負ってきた。ヤシの木の形をした人工リゾート島「パームジュメイラ」では、清水建設(1803)が高級住宅「マリーナレジデンス・タウンハウス」の建設工事を請け負った。大成建設(1801)も人工島と岸をつなぐ海底トンネルの工事を担当した、などが報じられている。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/11/27(09:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。