収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
0

金沢ちんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ95件目 / 全340件次へ »

NECの公募増資に

 日本経済のため、NECの公募増資に応じてやる予定である。っちゅーか大和証券のお姉ちゃんから買えって電話がかかってきたからしょうがないので買ってやる予定。
日本電気株式会社ー株式募集および売出しのご案内
 公募増資って要するに、お金が無かったり欲しかったりする会社が、新しく株券を発行して買えって募集するものだ(注:俺理解)。まあ普段取引所で買ったり売ったりする株は、誰かからその株券を買ってるだけなので、厳密に言えばその会社に新たに投資しているわけではない。配当をもらう権利を買ってるだけだ。だけど増資で発行する新株というのは、一応新たな資本を加えてやるので、投資といえる。したがって日本経済のため、というのもあながち嘘ではない。
 ただ既存の株主にはあんまりうれしくない話である。長期的には、増資したお金が効率的に使われて、利益や売り上げが上がって、株主の利益にもつながればいいのだが、短期的には、株券が増えれば株主も増えて、利益の分配分が減るかもしれない。1株あたりの利益が減る=価値が下がるってやつだな。
 じゃあ株価がどうなるのかというと、金沢説では、おおむね好景気のときは、増資で株価が下がり、今みたいな不景気だと、増資で逆に株価が上がると思う。好景気のときは、増資なんぞしなくても儲かっている会社が他にもあるし、投資先としてはあまり選好されない。増資しなきゃいけない会社は大丈夫だろうかと思ってしまう。不景気のときは、1株あたりの価値がたとえ下がっても、どこも元々下がっているし、むしろ借金にメスを入れている会社の方が、好感される。と思う。だからここんとこは、公募増資ってそう悪いニュースじゃない。と思う。(あんま自信なし)
 ちょっと余談だが、増資じゃなくて、反対に自社株買いというのもある。自分で自分の会社の株を買って、消却してしまうのである。会社にとっては、その分、配当を払わなくてもいいのと、既存の株主にとっては、1株あたりの価値が上がる。株価が下がったときに、余力のある会社がたまにやる。リーマンショックの直後ぐらいに、株価が最初に急落したとき、この自社株買いをやれ、なんて言ってる評論家がいたが、わしは個人的には大反対である。自社株買いなんぞやる金があったら、何か生産的なことに使ってもらった方がいい。あのときは実際に自社株買いやってる会社もあったように記憶している。まだリーマンショックの影響は日本経済には大きくない、なんて寝ぼけたこと言ってた時期だ。あれからさらに業績も景気も悪化している。今どき自社株買いやるなんて言ったら、アホかと言われてしまいそうだ。
 今年は、三井住友銀行とT&DHD(保険の会社)の公募増資に応じた。でもどっちもすぐ売ってしまった。全然投資じゃないじゃないか。東芝は迷ったが、自己資本9%ってのがあまりに嫌でやめた。結果的には東芝はその後相当に上昇したので、これはやっておけばよかったかな。さてNECはどうでしょうね。
 っちゅーか経済のことなんか全然関心がなく、ただ株が上がったり下がったりして自分が儲かればいいだけなのに、今日はたまたまつらつら書いてしまった。そうだ、肝に銘じよう、別にわしとNECや日本経済なんて何の義理もねえ。下がったら損切りで売るし、上がっても利食いで売るだけだ。あぶねえ、あぶねえ、しょせんわしなんて、別にどっかの会社に儲けてもらっておこぼれ頂戴したいんじゃなくて、どっかの誰かに自分の株を売りつけて、小銭が儲けたいだけの人間だった。
こんなチャートの株を買うんだ。リスクの高い逆張りしてることを自覚しよう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/11/12(03:50)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。