out of officeさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ60件目 / 全190件次へ »

ドル円は転換点を迎えたか?

20a5c7452 


ドル円の日足ボリンジャーバンドです。現在+1σラインに到達して、このあと+2σを目指すか、反落するかの瀬戸際にいます。上昇余地がどれくらいかは計れませんが、どこかで反落して移動平均線にタッチするまでの間に、移動平均線が完全に上向くほどの高値維持期間が存在するかどうかが重要です。それがいわゆる値ごろ感となって、底値を引き上げる力ともなります。そうしてやがて移動平均線は、レジスタンスラインからサポートラインへと、その効力の転換がなされます。トレンド転換の瞬間です。ただ、次の上昇トレンドがやってkちあとして、それが長く続くかどうかは、週足を見る限りではなかなか難しいように映ります。週足ではまだ-1σラインを突破するかどうかといったところにありますので、下落トレンドの最中であることに変わりはないからです。週足レベルで上昇トレンドに転換した場合、トレードのスタンスは完全に買いとなります。時間足でトレードする人には、関係のない話ですが・・・。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/10/19(07:46)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。