映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ632件目 / 全1047件次へ »

為替が落ち着けばダウを追いかけるか

14日の日経平均は、10060.21(-16.35)と下落。雲の中で基準線10097の手前で足踏みしている状況である。RCI,MACDは上昇しているが、ボリンジャーはマイナスσは突破して下落局面は抜け出したが、TPにはとどいていないので、上昇のモメンタムを取り戻せるかどうかという微妙な局面である。

ダウは10015.86(+144.80)と10000ドルを回復。上値を更新。基準線の上、MACD,RCIも上昇しており、ボリンジャーはプラス2σを突破、上昇に勢いがでてきている。

ドル円は89.41とドルが。13日に90.19をつけてから下落していたが、転換線で下げ止まった形である。ボリンジャーはマイナスσ89.21近辺で、まだ下落がとまったどうか明確ではないが、バンドは狭まりつつあり、RCI,MACDはじわりと上昇しており、局面が転換しつつある可能性がでてきた。

インテルの決算にはあまり反応しなかったがJPモルガンの好決算、小売売り上げで、自動車をのぞく売上高が増加したといったことを好感、ダウは10000ドルを突破してきた。東京にとってありがたいのは、円高からの転換の兆しがでてきたことだ。アメリカの国債10年ものの金利が3.445と大きく上昇、基準線3.35をこえてきてボリンジャーもプラスσ近辺まで上がり、MACD,RCIも上昇しており、これを反映して、ドルが買い戻されつつある。為替が基準線90。56をこえてドルが戻してくるようになれば、日経平均もダウを追いかける展開になれるのだが。基準線10080、25日線10135をぬけてくると、かなり上昇転換への期待がでてくる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/10/15(06:46)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。