agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ11411件目 / 全25319件次へ »

新型インフルエンザ関連に人気集中



名古屋で国内3人目となる新型インフルエンザ患者が死亡したこと(別項記事参照)から新型インフルエンザ関連買いが盛り上がっている。
東証1部売買代金上位3位まで三洋電機(6764・別項記事参照)、ダイワボウホールディングス(3107・同)、シキボウ(3109)が占めており、3銘柄とも高い。
売買高でも三洋電機、シキボウが1~2位となり、3位はダイワボウ、6位は富士紡ホールディングス(3104)と全面高。
値上がり率上位を見ると、シキボウ、東海染工(3577)、栄研化学(4549)、トーア紡コーポレーション(3204)、大東紡織(3202)、日本バイリーン(3514)、三洋電機、富士紡、ダイワボウと10位までが繊維、マスク、空調など新型インフルエンザ関連がずらりと並んでいる。
「多少、過大解釈で買われているものもあるが、個人投資家中心に買いが広がっている。カラ売りの増加次第ではさらに盛り上がる可能性も」との声も。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/08/19(13:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。