agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ11824件目 / 全25319件次へ »

大引け概況(7月30日)



大引け
■日経平均:10165.21(△51.97)
■TOPIX:936.94(△6.58)
■売買高概算:1946.41百万株
■値上がり銘柄数:675
■値下がり銘柄数:834
■日経JQ平均:1208.96(▼0.22)
■マザーズ指数:464.73(△9.06)
■ヘラクレス指数:624.42(△7.78)
■ドル円:95.12 - 95.14
■ユーロ円:133.80 - 133.84

今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場は、NYダウが続落となったが、外為市場で円相場がやや円安方向で推移していることや、ホンダが業績予想を上方修正するなど主要企業の業績にやや明るい見通しが出てきたことなどから、寄付き段階では買いが先行した。日経平均は42円高で始まった。その後、指数はさえない動きとなったが、ホンダの上方修正で自動車株が物色され、また、東芝が12連騰、GSユアサや明電舎が大商いとなるなど、個別銘柄は賑わった。ただ、前場中頃からは次第に見送りムードが強くなった。昨日急落した上海市場は反発して始まり、この点についてはやや安心感が広がった。

後場に入っても日経平均は前日終値近辺での小動きとなったが、引けにかけてプラスに転じた。TOPIXは10連騰となった。個別に決算を発表した銘柄の売り買いは活発だったが、全体としてはやや模様眺め気分が強い展開となった。

JASDAQは売り先行で始まった後、軟調。マザーズは買い先行で始まった後、堅調。ヘラクレスは前場中頃にマイナスに転じた。後場は日経JASDAQ平均は下げ幅を縮小。ヘマザーズは上げ幅拡大。ラクレスが再びプラスに転じ、堅調な推移となった。

■1部売買代金上位(株価:円)
ホンダ 3010 (△240)
トヨタ 3930 (△130)
東 芝 427 (△21)
GSユアサ 874 (△10)
野村HD 818 (△9)
三井住友 4030 (△60)
日産自 694 (△63)
三菱UFJ 542 (▼2)
ソニー 2505 (△160)
ソフトバンク 2035 (△37)

■1部上昇率上位(株価:円)
キッツ 371 (△64)
極東証券 606 (△100)
インボイス 1821 (△300)
ショーワ 540 (△72)
タカラレーベン 208 (△27)
三菱電 710 (△91)
日カーボン 289 (△33)
富通ゼネ 309 (△32)
エンシュウ 116 (△12)
KYB 214 (△22)

■1部下落率上位(株価:円)
第一実 323 (▼30)
航空電 626 (▼41)
ハマキョウ 2300 (▼150)
タカタ 1599 (▼101)
住精化 397 (▼25)
タムラ製 370 (▼23)
日産化 1193 (▼71)
アンリツ 393 (▼23)
JBR 42600 (▼2400)
NECエレ 967 (▼54)

■1部業種別騰落率上位
輸送用機器 △4.72%
保険業 △2%
電気機器 △1.85%
その他製品 △1.28%
ガラス土石製品 △1.23%

■1部業種別騰落率下位
石油石炭製品 ▼1.89%
金属製品 ▼1.71%
非鉄金属 ▼1.41%
水産・農林業 ▼1.16%
建設業 ▼1.11%

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/07/30(15:11)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。