収益性
48
活発度
0
人気度
54
収益量
49
投稿量
64
注目度
50

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14件目 / 全686件次へ »

何故に世間は

 郵政選挙でやった過ちを繰り返そうとしている。

 「これは改革に加わる一票だ」というのはただの錯覚に過ぎぬとも気づかず。
 8月末の結果は目に見えている。郵政選挙で「自民党」と書かれた票が、「民主党」にそっくり入れ替わる。

 
 「子供手当て、月2万5000(だったっけ?)」

 金をくれるんなら、それはありがたい話。しかしそれは何のための金か。
 収入が少ない人ならば子育ての補助金として成り立つが、今の状態で家計を保てている人間は、ただの余剰金にしかならない。

 所得制限も無いというから、機能も発想も定額給付金と大して変わらない。ただのバラマキ。
  
 我々の手元に降りてくるのは、棚ぼたの金ではない。皆の金だ。


 少子化の根本原因は、社会形質&経済情勢。
 成人化の遅れ、晩婚化、共稼ぎでないと家計が成り立たぬ状態に居ること。

 「子供産むと、金がかかるからやめておく」などという、中長期的な懸念からではない。

 共稼ぎでも育児ができる環境を充実させたほうが、現状には合っている。
 保育所拡充、民間企業の産休育休の支援奨励。出産無料化。


 「高速無料化」については、何も言うことがない。
 やる前から失策の極みと明言しておこう。

 土日1000円であの騒ぎ。無料化にしたらどうなるか、誰も疑問を持たぬのだろうか。
 利用しない人間まで、高速料金を納め続けねばならないことも。



 「変わること=現状よりも良くなること」

 とは限らない。

 変わらないほうが良い場合だってある。


 郵政選挙のときは「おいおい」程度に思うだけだったが、今回は少し恐怖を感じる。

 民主党の「うちに入れれば良くなるよ」の宣伝が気持ち悪い。
 それでも世間はなんとなく騙されてしまうのだろうか。

 
 自民支持者ではない。
 しかし民主には政権を与えたくない。

 2大政党、どちらも×。

 なんて国だ、まったく。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/07/29(16:46)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。