収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2832件目 / 全3578件次へ »

イー・モバイル 2009年6月月次

791ca863c 

Yahoo!ニュースより以下抜粋。ホームページの方も更新されています(→リンク)。

-------------------------------

ドコモが11万強の純増、ソフトバンクに肉薄――6月契約数
7月7日17時17分配信 +D Mobile

 電気通信事業者協会(TCA)は7月7日、2009年6月の携帯電話・PHS契約数を発表した。6月は各社から多くの夏モデルが発売されたが、携帯電話の純総数の総計は、5月の28万6300から7万4400増の36万700に留まった。

 今回もトップはソフトバンクモバイルで、26カ月連続の首位を維持した。6月26日に発売された「iPhone 3GS」が好影響を与えたのは明白だろう。「番号ポータビリティや買い増しで新規契約をする方も多い」(ソフトバンクモバイル広報部)ようだ。

 NTTドコモは11万2400の純増数を獲得し、ソフトバンクに500差と迫った。ドコモ広報部は「夏モデルが出そろったことに加え、解約率が過去最低水準に達したこと」が今回の結果につながったと分析している。

 9万1600の純増数を獲得したイー・モバイルは、6月には新機種は発売しなかったものの、「個人と法人向け端末が堅調に推移していることと、Netbookとのセット販売も好評」(イー・モバイル広報部)であることから、好調を維持したようだ。

 KDDIは5月下旬から6月にかけて夏モデルを投入したが、ドコモやソフトバンクほど数字に結びつかず、5月よりも少ない4万3800の純増に留まった。KDDI広報部は「6月は春商戦期に比べて落ち着く時期。新規獲得は難しいが、長期的な視点でこれからの動きに期待したい」とコメントした。

 番号ポータビリティの利用状況は、ドコモが-1万500、KDDIが-900、イー・モバイルが-100と3社が転出超過となった一方で、ソフトバンクは+1万1500の転入超過となった。純増数と同じく、こちらもiPhone 3GSの影響が大きいといえる。

●ウィルコムは9500の純減

 ウィルコムは、WILLCOM CORE 3Gが1万4100の純増を記録したものの、PHSが2万3600の純減となったため、全体では9500の純減となった。同社は「WILLCOM CORE 3Gの新規獲得は堅調に推移しているが、音声セグメントでキャンペーン終了に伴う一時的な獲得鈍化の影響があった」と分析。今後は「WILLCOM CORE 3Gを販売強化することで、個人・法人の各セグメントでバランスの取れた顧客基盤の拡大を目指す」とした。

-------------------------------

6月は9万1600件の純増で累計は167万2300件、今月はドコモが大きく純増数を伸ばしたため3位になりましたが、引き続き昨年を超えるペースで純増数を伸ばしています。

7月からUQコミュニケーションズがWiMAXのサービスを開始し盛んに取り上げられていますが、まだカバー率も少なく当面は脅威にはならないでしょう。イー・モバイルも8月からHSPA+のサービスを開始しますので、早めに顧客の囲い込みを行いたい所です。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/07/11(12:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。