るきるきさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ113件目 / 全302件次へ »

前場引け→後場

今日の日本市場は寄り付き、一時、買い戻しの動きもありましたが続かずに失速。円高、ダウ先物が弱含みであること、それと関連してですがFOMCがらみの手控え感、アジア市場が下落に転じていることなどが挙げられると思います。米国とのマッチングという意味では、弱くはないと言うこともできますが、これはまだ投機筋が明確なポジションを取ってきていないということもあるのだと思います。

今日は仕手化している銘柄の下落が目立ちますが、思惑のある明電舎の下げも明確ですので、これらから資金が逃げているということで良いと思います。一時的なリバウンドはあるとは思いますが、上値を追う動きにはなりにくいと思います。

現時点で最も警戒されていることは金利政策の年内の利上げですが、今、発表することは自殺行為に等しいですので見送られるのではないでしょうか。もし、そうなれば一時的には好転する場面もあるかもしれませんが、この下方トレンドは長引く可能性も捨てきれず買いには銘柄選定を慎重にしなければばらない場面でもあると思います。

後場も原則的に狭いレンジでの揉み合いが予想されますが、引き続き、資金の流れには注目というところでしょうか。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/24(11:05)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。