収益性
43
活発度
0
人気度
54
収益量
49
投稿量
55
注目度
51

東京228堂さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ146件目 / 全273件次へ »

10月7日 「マンガ オニール流グロース株投資入門の入門」

日経平均
先週の金曜日の終値  9月    28日  16785.69
今週の金曜日の終値  10月   5日  17065.04
+279.35

週末のアメリカ市場は
NYダウ 14,066.01 +91.70
NASDAQ 2,780.32 +46.75
ダウとS&Pは高値更新。米雇用統計が予想より良く、
前月の統計も4000人減から8万9000人増に改定された。

来週のアメリカ市場は
卸売売上高、生産者物価指数、小売売上高など消費関連の指標があります。

来週の日本市場は
金融政策決定会合、機械受注、消費動向調査

マーケットは楽観ムードになっておりますが、
今後はアメリカの金利引き下げが続くのかがポイントになりそうですねぇ。

マンガ オニール流グロース株投資入門の入門
原作・監修鈴木一之,作画佐々木慧
パンローリング A5判 176頁 2007年6月 1,260円 (税込)
読破。

私は著名な投資化の中で一番オニールが好きです。
『オニールの成長株発掘法』『オニールの相場師養成講座』
『オニールの空売り練習帖』ももちろん所有・読破済です。

有名な「CAN-SLIM投資法」は個人投資家でも
十分に参考にできる投資法で、説明も簡潔で丁寧。
厳密に手法をマネしているわけではないですが、
自分はグロース投資家だと密かに考えております。
あと装丁も投資関連本の中では一番おしゃれだと私的に思ってます。

そんなオニール投資法について「マーケットウィナーズ」で
お馴染みの鈴木一之さんが説明されています。
本書ではオニールのCAN-SLIMの説明をしながら、
鈴木さんの投資感も垣間見えてとても興味深い。
多少文字数は多いですがマンガとして気楽に読めます。

まだオニールの著書を読んだことがない方、
著作は読破済みだが手軽に復習されたい方にとてもいいと思います。

オニールの著作を読んだのはまだ投資用語もアヤフヤだった時期
(今でもですが・・・)もう一度読み返してみようと考えています。

それでは今日はこれで失礼します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/10/07(17:31)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2007/10/08(01:03)
    >マンガ オニール流グロース株投資入門の入門
    マンガなら何とかいけそう。
    書籍名φ(,_,*)メモしました。

    株で利益でたら買うぞリストに入れました(^^ゞ
  •  通報する

    2007/10/08(20:35)
    漫画ですけど内容は濃いです。
    古本屋でのゲットが一番かもしれませんねぇ。
  •  通報する

    2007/10/08(23:15)
    マンガ 「オニール流グロース株投資入門の入門」は読みました。『オニールの相場師養成講座』も読みました。
    マンガの方は鈴木氏が噛み砕いて解説してくれているのでよく判ったのですが、「相場師・・」の方はチャートがなじみの無い米国スタイルなのと、出来高のチャートが不鮮明なのと、何しろ銘柄がなじみの無いのばかりで・・XX
    『オニールの成長株発掘法』を読んでみます。(^^)
  •  通報する

    2007/10/09(22:36)
    Tanpanさん
    確かに銘柄による検証はちょっと解りづらい
    面があった記憶があります
    (かなり飛ばして読みました)。
    その点漫画ではいい噛み砕かれ方をしていたと
    私も感じました。
    僕もう一度すべて読み返してみます。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。