agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ13292件目 / 全25319件次へ »

商社株が安い・野村は「強気」継続



伊藤忠商事(8001)、三井物産(8031)、三菱商事(8058)など商社株が安い。
米国株安や、ここ資源価格の底入れ反転の動きを背景に上げていただけに利益確定売りが先行しているようだ。
なお、野村証券は商社セクターについて「過去の経験を踏まえたリスク管理で相対的に高いROEを達成」として投資判断「強気」を継続した。さらに、伊藤忠に関しては「食料事業や繊維事業などの安定利益の下支えにより相対的に高いROEの水準が高くなる」として投資判断「1」継続、目標株価を545円から840円に引き上げ、三井物産に関しては「会社計画は保守的と見ているが資源部門の落ち込みは大きい」として投資判断「1」継続、目標株価を1220円から1400円に、三菱商事に関しては「10年3月期の利益計画や投資計画には安定感」として投資判断「1」継続、目標株価を1530円から2150円に引き上げた。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/05/22(09:32)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。