収益性
63
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2915件目 / 全3594件次へ »

イー・モバイル 2009年4月月次

791ca863c 

Yahoo!ニュースより以下抜粋。ホームページの方も更新されています(→リンク)。

-------------------------------

ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増、ウィルコムは純減――4月契約者数
5月12日16時43分配信 +D Mobile

 電気通信事業者協会(TCA)は5月12日、2009年4月の携帯電話・PHS契約者数を発表した。4月の携帯電話の純増数は、春商戦ピークの3月(100万4900件)よりは落ち着き、35万5000件となった。携帯・PHSの累計契約数は1億1239万4400件。

 ソフトバンクモバイルの純増数は10万5400件で、24カ月連続で首位を獲得した。広報部によると、「iPhone for everybody」キャンペーンが好評で、今回の純増数に大きく貢献したとのこと。

 各社が3月から大きく純増数を下げた中、イー・モバイルの純増数は10万2800件で、3月の12万1900から2割弱の減少にとどめた。「4月17日に発売した上り最大5.8Mbpsの『D23HW』の好調に加え、Netbookとのセット販売による契約者が多いことが今回の結果につながった」(広報部)。

 ドコモの純増数は8万9300件で、番号ポータビリティの利用状況(転入から転出の差し引き数)は-1万9300となり、4キャリアで最も転出超過が多い結果となった。この件について広報部は「4月は流動性の高い時期なので転出超過となったが、2008年4月は5万9200件の転出超過だったので、昨年と比べれば持ち直した」とコメント。

 KDDIは新ブランド「iida」の第1弾モデル「G9」を4月17日に発売したが、純増数は5万7500件、MNPの利用状況は-1200件となった。純増数が3月よりも伸び悩んだことと、MNPの転出超過について、広報部は「市場全体が縮小していることに加え、新規ユーザーを効果的に獲得できなかった」ことを要因に挙げた。

 MNPの利用状況は、ドコモが1万9300件、auが1200件の転出超過となった一方で、ソフトバンクモバイルは2万400件、イー・モバイルの100件の転入超過を実現した。

●ウィルコムは1万600の純減

 ウィルコムの契約者数はPHSが1万600の純減となり、WILLCOM CORE 3Gが6800の純増を記録。同社は「個人セグメントは獲得が堅調に推移しているが、法人セグメントは競争環境の激化や景気動向の影響もあり、純減となった。個人セグメントではキャンペーンの継続、法人セグメントではWILLCOM CORE 3G の販売を強化する」とコメントした。

-------------------------------

4月は10万5400件の純増で累計は151万3000件、累計150万件到達おめでとうございます!純増数1位まであと2600件だったという事で・・・惜しかったですねえ。前にも一度ありましたけど、結局1位になれない所がイーモバらしいと言うか何と言うか(^^;

この4月でサービス開始から2年超が経過しますので、そろそろ解約も出てくるのではと気にしていましたが、振り返ると最初の半年で12万3000件の契約しか取れていないので、当面はあまり心配なさそうですね。来年までにもう一波乗って、安定多数を確保しておいて欲しい所です。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/05/12(22:03)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。